アイテック阪急阪神株式会社と株式会社レゴリスが

資本・業務提携を実施

〜現業部門の「働き方改革」に向けたiPad活用システムを共同開発〜

 

 アイテック阪急阪神株式会社(本社:大阪市福島区。代表取締役社長 浜田 真希男、以下「アイテック」)と株式会社レゴリス(本社:東京都豊島区。代表取締役 伊藤 謙自、以下「レゴリス」)は、業務提携契約を締結するとともに、アイテックは、同社のコーポレートベンチャーキャピタルを通じて、レゴリスの第三者割当増資を引き受けました。

1. 資本・業務提携の背景・目的

 レゴリスが開発・販売する建設業向け管理・情報共有アプリ「SpiderPlus(スパイダープラス)」は、建設現場で用いられる図面・帳票をデータで一元管理することにより、煩雑な事務処理の削減が実現できるなど、同業界の働き方改革・業務効率化に寄与しており、急速に業界内でのユーザーシェアを拡大しています。

 一方、アイテックは、阪急阪神東宝グループの一員として、鉄道・ビルなどの社会インフラに関するシステムに長く携わり、これらにまつわる様々な課題を解決するソリューションを提供してきました。

 両社は、お互いの強みを活かした業務提携により、都市交通関連設備・ビル設備の維持管理業務において、3つの削減(業務時間の削減、ミスの削減、指導時間の削減)を実現するシステムを共同開発することで、現業部門の働き方改革を推進します。

2. 資本・業務提携の概要

 今回、両社は、業務提携契約を締結しました。これに基づき、レゴリスは今まで培ってきた図面管理・情報共有の技術を、アイテックは事業分野のノウハウをそれぞれ提供し、ビルや駅付帯設備等のメンテナンス・点検業務に特化した機能を共同で開発・販売を実施することで、両社の事業領域の拡大を図ってまいります。

 また、アイテックは、この取組みを経営資源面でより強く推進するため、同社のコーポレートベンチャーキャピタルを通じて、レゴリスの第三者割当増資を引き受けました。

 アイテックとレゴリスは、今回の業務提携を通じて、現業部門の「働き方改革」を実現・推進してまいります。

以上

 ※添付資料 1枚

  *添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0466172_01.pdf