システム導入のための意思決定サイト

プレスリリース

富士ゼロックス、異なるネット環境で共有できる製造・建設現場向けモノクロ広幅複合機10機種を発売

2017/12/14 富士ゼロックス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

製造・建設現場のニーズに応え、異なるネット環境で共有できるモノクロ広幅複合機10機種発売

「DocuWide(R) 6057/3037」シリーズ、従来機1.4倍のプリント速度と、2倍の出力解像度1200dpiを実現

 

 富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:栗原 博)は、セカンダリーイーサネットに対応することで、社内LANと来訪者用など異なる2つのネットワークから共有利用でき、プリント速度と解像度を向上させたA0サイズのモノクロ広幅複合機「DocuWide 6057/3037」シリーズを2018年2月上旬に発売し、ラインアップを強化します。

 製造・建設・設備業のエンジニアリング分野で、各種CADシステムなどの図面出力用に主に利用される広幅複合機には、プリントの速さや、図面を正確に表現するため解像度の高さが求められます。また、従来はイーサネットポートが一つであるため、来訪者が使う場合も社内LANに接続する必要があり、社内の情報が来訪者に漏えいするリスクなど、セキュリティ面の課題がありました。

 本商品はセカンダリーイーサネットを新たに標準搭載し、2つのネットワーク環境で1台を共有利用できるようになりました。訪問先に持ち込んだPCを2つ目のネットワークにつないで出力するといった運用が可能になりますので、外部でプリントやスキャンの作業をセキュリティを保ちつつ行え、効率的な働き方を支援します。また、プリント速度は従来機の1.4倍(*1)、出力解像度は従来機の600dpiから1200dpiにアップし、図面に必要となる細線や円弧の再現性を向上しましたので、設計図面など忠実に再現すべきプリント物の出力に適しています。当社の広幅複合機としては初めて、省エネ性能が高く光沢を抑えることで目に優しく読みやすい黒色トナーであるEA-Eco LGKトナーを採用しました。

 *1:新商品DocuWide 3037と従来機DocuWide 3035の、A1サイズヨコのプリント速度比較。DocuWide 3037…A1サイズ ヨコ7.0枚/分、タテ5.0枚/分。DocuWide 6057…A1サイズ ヨコ9.7枚/分、タテ7.0枚/分。

 ※製品画像・参考画像は添付の関連資料を参照

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

 ・Xerox、Xeroxロゴ、およびFuji Xeroxロゴは、米国ゼロックス社の登録商標または商標です。

 ・DocuWide、ArcEPS、DocuWorksは、富士ゼロックス株式会社の登録商標または商標です。

 ・その他プレスリリースに掲載されているサービス、商品名等は各社の登録商標または商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像・参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0466133_01.JPG

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0466133_02.pdf

注目コンテンツ