メール無害化・スパムメール対策製品

「SPAMSNIPER AG」の新バージョンを提供開始

〜ファイル無害化機能を搭載し、標的型攻撃対策を強化〜

 

 キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:神森晶久、以下キヤノンITS)は、日本国内における独占販売契約を締結し、2017年2月より販売を開始した、株式会社Jiransoft Japan(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:呉 治泳、以下 Jiransoft)のメール無害化・スパムメール対策製品「SPAMSNIPER AG(スパムスナイパー エージー)」の新バージョンを2017年12月14日より提供開始します。新バージョンの「SPAMSNIPER AG Ver4.2」では、メールの添付ファイルに含まれるマクロを除去する「ファイル無害化機能」を搭載しました。

 標的型攻撃など新たなサイバー攻撃による被害が後を絶たず、企業におけるメールのセキュリティ対策はいまや必要不可欠です。キヤノンITSとJiransoftが共同で企画した「SPAMSNIPER AG」は、ウイルス・スパムメール対策、誤送信対策に加え、受信メールの添付ファイル削除やHTMLメールのテキスト化を行うメール無害化機能を1つに搭載した統合メールセキュリティ製品です。アプライアンス版、ソフトウェア版、仮想アプライアンス版の3つの形態で提供しているので、一般企業からサービス事業者まで幅広くご利用いただくことが可能です。

 「SPAMSNIPER AG Ver4.2」では、高度化、巧妙化する標的型攻撃対策を課題とする企業ニーズに合わせ、メール無害化機能を強化した「ファイル無害化機能」を搭載しました。「ファイル無害化機能」は、受信メールの添付ファイルに含まれるマクロを除去し、感染の可能性があるファイルを無害化します。原本メールへのリンクを付与、テキストメールのURLリンク除去などを追加したことで、より安全なメールの運用が行えます。また、誤送信対策の機能改善として、G Suite環境での分割メールを1通にまとめる機能を追加しました。

<主な新機能および機能改善>

■ファイル無害化

 Microsoft Office製品(Word、Excel、PowerPoint)に含まれるマクロとPDFに含まれるJavaScriptを除去し、不正コードが埋め込まれていない安全なファイルとして受信できます。

■原本メールへのリンク付与

 受信メール本文のリンクをクリックするだけで、無害化をする前の原本メールを閲覧できます。「SPAMSNIPER AG」へログインせず原本メールの確認ができるため利便性が向上しました。

■テキストメールのURLリンク除去

 テキスト形式のメール本文に書かれたURLリンクを除去することができます。ユーザーが誤って危険なWebサイトにアクセスすることを防ぎます。

■G Suite環境での分割メールを1通にまとめる機能

 複数宛先宛のメール送信時に、送信者への通知(ZIPパスワード等)を1通にまとめることができます。複数宛先の件数分、送信者に通知が届かないため利便性が向上しました。

 *リリース詳細は添付の関連資料を参照

 ※ Excel、PowerPointは、米国Microsoft Corporationの米国、日本およびその他の国における登録商標または商標です。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 *参考資料は添付の関連資料を参照

 

●一般の方のお問い合わせ先:

 キヤノンITソリューションズ株式会社

 基盤・セキュリティソリューション企画センター

 03-6701-3336

 ●SPAMSNIPER AG製品ホームページ:

  https://www.canon-its.co.jp/products/spamsniper_ag/

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0466128_07.png

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0466128_06.pdf

参考資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0466128_09.pdf