デンソーと豊田通商、商用サービスへの

量子コンピュータ応用の実証実験を開始

〜渋滞解消などのコネクティッドサービス実現に向けた研究開発を加速〜

 

 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬 浩二、以下、デンソー)と、豊田通商株式会社(本社:愛知県名古屋市、取締役社長:加留部 淳、以下、豊田通商)は、世界で初となる交通系商用アプリケーションを用いた量子コンピュータの実証実験を2017年12月より開始します。

 本実証実験は、大規模な車両位置や走行データを量子コンピュータ上でリアルタイムに処理する実証実験です。タイ国内のタクシー・トラック約13万台に取り付けられた専用車載器から収集した位置情報を活用し、クラウド接続したカナダのD-Wave Systems社製の量子コンピュータ内で処理します。本実証を通じ、量子コンピュータを活用した渋滞解消や緊急車両の優先的な経路生成などの新しいアプリケーション提案につなげます。

 本実証にあたりデンソーと豊田通商は、豊田通商のグループ会社である TOYOTA TSUSHO NEXTY ELECTRONICS (THAILAND) CO., LTD.(豊田通商ネクスティ エレクトロニクスタイランド)が2012年から提供している渋滞情報配信サービス「TSQUARE アプリ」のプラットフォームに、量子コンピュータを用いた解析処理技術を共同で組み込んでいきます。デンソーは量子コンピュータを用いた解析処理アルゴリズムの実装を、豊田通商はアプリケーションの実装を担当します。実運用されている交通系IoTプラットフォームにおいて量子コンピュータを活用する取り組みは、世界で初の試みとなります。

 量子コンピュータは従来のコンピュータと異なり、膨大な組み合わせを同時に探索する計算方式を用いるため、特定の計算において従来のコンピュータの1億倍以上の高速化が有望視されています。大規模なデータをリアルタイムで処理することが求められる、コネクティッド時代のモビリティサービスへの活用が期待される一方で、効率よく計算するためには、量子コンピュータに適したアルゴリズム開発研究が必要です。デンソーと豊田通商は、本実証実験を通じ、新たなモビリティ社会に必要な量子コンピュータの活用に取り組みます。

 デンソーは、2018年1月9日〜1月12日に米国ラスベガスにて開催される国際家電見本市CES2018で、本実証実験のイメージを展示します。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0466011_01.JPG