アイビーシー、Microsoft Azureに特化したソリューションサービスの提供を開始

〜Microsoft AzureのTCO削減、ネットワーク改善、セキュリティ向上を実現〜

 

 アイビーシー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:加藤 裕之、以下 IBC)は、マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム Microsoft Azure(以下、Azure)のTCO削減、ネットワーク改善、セキュリティ向上に向けたソリューションを本日より開始いたします。

 クラウドサービスが広く普及したことにより、企業がICTインフラを構築する際の選択肢が大幅に増えました。その中で、マイクロソフトはAzureやOffice365といったクラウドサービスを提供し、高いシェアを有しております。クラウド移行が加速する中で、オンプレミスとクラウド環境を組み合わせたハイブリッドかつ多様化したシステムについて、サービス品質の可視化や効果的な活用方法に課題を抱えたお客様も多数いらっしゃいます。

 IBCは、自社製品の性能監視ツール「System Answer(システムアンサー)シリーズ」を利用したハイブリッドクラウド環境全体の安定稼働促進に貢献してまいりましたが、このたびAzure をご利用されている文教・公共分野のお客様を中心に、「System Answer for Microsoft Azure」ソリューションの提供を開始いたします。

 本ソリューションは、現在提供している「System Answerシリーズ」と、統合ログ管理ツール「Log Option」を組み合わせ、Azure上で稼働する仮想マシンやネットワーク機能の詳細な情報だけでなく、ハイブリッド環境全体を一元的に管理することができるサービスです。

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0465962_01.pdf