自然な対人コミュニケーションを実現する「ロボットAIプラットフォーム」を提供開始

既存システムやマルチデバイスにも対応した柔軟なロボットサービスを実現

 

 当社は、このたび、自然な対人コミュニケーションを実現するサービスプラットフォームとして、「ロボットAIプラットフォーム」を開発し、第一弾として、ユニロボット株式会社(注1)の提供するコミュニケーションロボット「unibo」と連携します。導入検討に向けた実証用に1年間利用できるサービスと、本格導入に向けたコンサルティングの提供を開始します。今後、マルチデバイス対応によるタブレット、スマートフォン、インターホンなど様々なフロントデバイスと接続した「ロボットAIプラットフォーム 基本サービス for マルチデバイス」サービスなどを順次提供予定です。

 本プラットフォームは、自然対話、表情認識、音声感情分析、顔認識などのコミュニケーションに関わるAI技術を搭載し、ロボットなどのデバイスと接続したクラウドサービスとして提供します。接続先のロボットは、窓口業務や高齢者介護など様々な現場で個人の状態や嗜好にあった自然対話によるコミュニケーションサービスを実現します。本プラットフォームを、お客様の既存システムに連携させることにより、お客様自身の業務や提供するサービスに、ロボットによる付加価値を加えることが可能となります。

■背景

 センサー、ネットワーク、クラウド、AIなどのテクノロジーの進歩により、人とのコミュニケーションなど様々な機能を持ったサービスロボットが普及しています。企業活動のみならず社会生活においても、サービスロボットは次世代の新たなインターフェースとして期待されています。

 当社は、株式会社富士通研究所(注2)(以下、富士通研究所)が中心となり、1980年代よりロボットの実用化に向けた研究開発に取り組み、特に対人インタラクション技術を中心に研究開発を継続しています。そこで培った技術、知見をベースに、当社のAI技術「FUJITSU Human Centric AI Zinrai」を活用し、対人コミュニケーションにおける領域において独自技術を持つ複数の企業とパートナーシップを形成し、「ロボットAIプラットフォーム」として体系化しました。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

■商標について

 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以上

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0465856_01.jpg

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0465856_02.pdf