OKI、アヴネットとAI搭載の高度自動運転技術開発向け新型プラットフォームを共同開発

〜SAE Level4-5に必要な大容量データ高速処理、次世代ITS連携を低消費電力で実現〜

 

 OKIグループの設計受託事業会社である株式会社OKIアイディエス(社長:穴田則明、本社:群馬県高崎市、以下OKIアイディエス)は、半導体や組込み分野などで広く事業を展開する技術商社大手のアヴネット株式会社(東京都渋谷区 代表取締役社長:茂木康元 以下 アヴネット)と、AI(人工知能)を搭載し「SAE Level4-5(※1)を実現する次世代の高度自動運転技術」の開発に最適な新型の開発プラットフォーム(※2)を共同開発しました。2018年2月よりアヴネットから国内販売を開始し、次いでアジアにも販売を広げていく予定です。

 新型プラットフォームは、自動車メーカーやサプライヤーが自社の独自機能を開発して搭載することや、官民で進める次世代ITS(※3)(高度道路交通システム)との連携を可能としたオープンプラットフォーム設計となっています。現在の高性能GPU(※4)と同等の処理速度を持ちながら5分の1の消費電力(ザイリンクス社調べ)で稼動する、FPGA(※5)とARMコアから構成されるザイリンクス社製の最新デバイス「Zynq(R)UltraScale+(TM)MPSoC」(※6)(以下”MPSoC”)を2個搭載したA4サイズで、今後のSAE Level4-5自動運転に必要になる大容量データを高速処理することができます。また、高速走行時、安全に停止するために必要な約800メートル先の障害物情報を検知することが可能な前方監視用8メガピクセル以上の高精細マルチカメラや、周囲監視カメラ、イメージセンサーなど、最大12個を接続可能な高速インターフェースを持っています。

 従来のADAS開発プラットフォームは、搭載されるMPSoC が1個で、インターフェースも汎用的なものが多いため、開発目的に応じて拡張ボードを別に用意したり、独自に開発する必要がありました。今回開発したプラットフォームでは、高度自動運転技術開発にターゲットを絞り必要な機能をA4サイズにコンパクトにまとめたことと、車載バッテリー規格電圧と同じ12ボルト稼動としたことで、実車への搭載による評価・検証を可能としており、技術開発のスピードアップに貢献します。

 新型プラットフォームは、『AD(自動運転)はADAS(先進運転支援システム)の単純延長ではない』、かつ「コンパクト設計」の実現というコンセプトのもと開発されました。車載電子システムの機能安全要求レベルASIL-C(※7)に対応したMPSoCを2個搭載し、1つ目で多数のセンサー情報を処理して人物、車両、障害物の検出を行い、2つ目で地図データ、地形情報、風景情報を高速に処理します。2つのMPSoC で自動運転に必要な大量データを瞬時に処理し、最適な走行ルート選択やエンジンコントロールを行います。お客様の技術資産やAI、ディープラーニング技術、オープン化されているセンサー・地図情報、ザイリンクス社が保有する技術資産を容易に組み合わせることが可能で、現在の自動運転車の先のレベルSAE Level4-5の自動運転車の早期開発に寄与します。

 *リリース詳細は添付の関連資料を参照

 ※その他、本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。

 

●本件に関するお客様からのお問い合わせ先

 OKI アイディエス SE 部

 電話:027-324-2139

 e-mail:oids-apad-ebisu@oki.com

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0465835_01.pdf