嗅覚センサーの要、

“香りやニオイのものさし”を生み出す、超高感度・超小型センサー素子

1チャンネル型 膜型表面応力センサー「SD-MSS シリーズ」販売開始

 

 株式会社東陽テクニカ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五味 勝)は、走査型プローブ顕微鏡用プローブメーカーのリーディングカンパニーであるNanoWorld AG(本社:スイス・ヌーシャテル州ヌーシャテル、以下 NanoWorld 社)の“NANOSENSORS”ブランドから、サイエンス研究市場に向けて世界で初めて(※1)製造した、超高感度・超小型の1チャンネル型 膜型表面応力センサー「SD-MSS シリーズ」と「MSS-8RM 実験用モジュール」を2017年12月7日より販売いたします。当社はNanoWorld社 NANOSENSORS ブランドの日本における総代理店です。

 研究が進む嗅覚IoTセンサーのコアコンポーネントである膜型表面応力センサー(Membrane-type Surface-stress Sensor、以下MSS)と実験用モジュールを今回、日本のサイエンス研究・開発活動向けに、1チャンネル型 膜型表面応力センサー「SD-MSS シリーズ」ならびに「MSS-8RM 実験用モジュール」として販売・紹介することによって、嗅覚IoT社会の実現に寄与してまいります。

 *製品画像は添付の関連資料を参照

 MSSは、国立研究開発法人物質・材料研究機構(以下NIMS)国際ナノアーキテクトニクス研究拠点の吉川元起グループリーダーが考案・主要国特許を取得したものです。サイエンス分野においてMSSを用いたニオイ分析センサーシステムを使って、呼気によるガン患者の識別や香水の識別、食肉の種類の判別などの効果が検証されています。

 現在は、あらゆるもののニオイの基準となる“香りやニオイのものさし”(※2)を生み出す主要デバイスとして、また、クラウドコンピューティングとビックデータ解析とを連携した嗅覚IoTセンサーのコアコンポーネントとしての活用が期待されています。嗅覚IoTセンサーは、呼気による健康管理システムや食品の品質管理、室内気のモニタリングなど、医療・ヘルスケア・食品・環境・安全などさまざまな分野・用途への応用が期待されています。嗅覚センサー市場は、IoT(モノのインターネット)との組合せにより、今後、実用化に向けた研究・開発が一層進むと当社は予測しています。2017年10月にはNIMSを中心としたMSSフォーラム(※3)が設立され、実用化に向けた活動が行われています。

 今回、NanoWorld社がNIMSから特許ライセンス契約を受け、独自のMEMS技術を用いて実現した画期的な超高感度・超小型センサーを、1チャンネル型 膜型表面応力センサー「SD-MSS シリーズ」として、日本のサイエンス研究・開発活動向けに販売します。また、効果的な評価を可能とする「MSS-8RM 実験用モジュール」も同時発売します。

 東陽テクニカは、検知したい分子に応じて異なる感応膜材料の研究・開発を推進するツールとしてこれらを紹介・販売することによって、将来の嗅覚IoT社会実現の一翼を担ってまいります。

 *リリース詳細は添付の関連資料を参照

 ※記載されている会社名および製品名などは、各社の商標または登録商標です。

 

 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0465493_01.JPG

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0465493_02.pdf