セキュリティ機器のオーケストレーションソフトウェア「Phantom platform」を販売開始

〜セキュリティ機器の運用自動化、オーケストレーションで運用負荷軽減とコスト削減を実現〜

 

 東京エレクトロン デバイス株式会社(本社:横浜市神奈川区、代表取締役社長:徳重 敦之、以下TED)は、Phantom(本社:米国 カリフォルニア州パロアルト、CEO:オリバー・フリードリッヒ、以下ファントム社)と販売代理店契約を締結し、セキュリティ自動運用ソフトウェアPhantom platform(ファントムプラットフォーム)の販売を2017 年12 月7 日より開始します。

 URL: http://cn.teldevice.co.jp/product/detail/phantom_platform

 *ロゴは添付の関連資料を参照

■背景

 近年のサイバー攻撃の増加に伴い、企業では、攻撃や侵入の検知や検証、感染端末の隔離、通信の遮断などの機能を持つさまざまなセキュリティ機器を導入していますが、各機器間の連携はなく、インシデント発生時には、運用担当者が各機器のログ情報から状況を分析・判断して各機器に対策を講じています。

 各セキュリティ機器の技術知識やインシデント発生時の判断や対応方法について知見の習得、実際の運用作業など、運用担当者の負荷は増加する一方です。また、セキュリティ人材の確保や人的ミスによる被害(損失)の拡大など、運用コストの増加も課題となっていて、セキュリティ機器の運用自動化やオーケストレーション(機器間の連携や統合)の需要が高まっています。

■ファントムプラットフォームについて

 ファントムプラットフォームは、インシデント発生時の各セキュリティ機器の動作ルールをワークフローとしてあらかじめ定義しておき、実際にインシデントが発生した際に自動で各セキュリティ機器に動作指示を与えて攻撃に対処するソフトウェア製品です。ワークフローを定義する過程で作業内容の標準化や機器間の連携が図れるので、運用担当者のスキルに関わらず短時間で正確な対応を一括して行うことができます。また、同様なインシデントに対応する時間が大幅に削減でき、運用担当者の負荷軽減や運用コスト削減につながり、人的リソースをより高度な問題の解決にあてることができます。

 *リリース詳細は添付の関連資料を参照

 ※このニュース リリースに記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

 

<本製品に関するお客様からのお問合せ先>

 東京エレクトロン デバイス株式会社

 CN カンパニー CN 第二営業本部 コーポレートアカウント営業部

 Tel:03-5908-1969

 Fax:03-5908-1992

 お問い合わせフォーム: https://cn.teldevice.co.jp/product/phantom/form.html

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0465487_01.png

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0465487_02.pdf