レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ、日商エレクトロニクス

ハイブリッドクラウド・ソリューション事業の拡大にむけ、

「Lenovo ThinkAgile SX for Microsoft Azure Stack」販売における戦略的な協業開始

 

 レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ロバート・スチーブンソン)と日商エレクトロニクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡村昌一)は、マイクロソフトのパブリッククラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」(以下Azure)とAzure環境をプライベートクラウドとして提供するハイパーコンバージドシステム「Lenovo ThinkAgile SX for Microsoft Azure Stack」を用いたハイブリッドクラウド・ソリューション事業を共同で展開する戦略的な協業を発表いたします。

 IT市場においては、クラウド・サービスの導入、活用が大きな広がりを見せています。一方で、情報の機密性の高さや、情報保護の観点から、全てのデータをパブリッククラウド上に保管することが難しいケースもあり、プライベートクラウドとパブリッククラウド双方の利点を組み合わせたハイブリッドクラウドのシステム構成を志向する金融、エンタープライズ顧客のニーズが高まっています。

 レノボ・エンタープライズ・ソリューションズは、本年7月12日、同社初の統合型システムとしてAzure Stack をインテグレーションした「Lenovo ThinkAgile SX for Microsoft Azure Stack」を発表しました。この最小4ノードから構成されるハイパーコンバージドシステムのベースとなるレノボのx86サーバーは、多くのお客様からその信頼性を高く評価されており、Azureサービスをオンプレミスで実現するAzure Stackのサービスレベル向上のための最適な選択肢といえます。また、事前構成済みの統合型システムであるため、お客様はオンプレミスで素早くAzure Stackのサービスを立ち上げることができます。システム運用管理の面では、レノボのハードウェア管理ソフトウェアXClarityがあらかじめセットアップされており、お客様はシステム運用管理工数を低減することが可能となります。

 日商エレクトロニクスは、顧客からのクラウド化の要望に対応し、Azureの関連事業への積極投資と、技術者の育成を図っております。このたび金融、エンタープライズ企業でのプライベート・パブリッククラウドを構築した実績をもとに、「Lenovo ThinkAgile SX for Microsoft Azure Stack」と、ネットワークを含む周辺システム構築サービスと運用保守サービスをバンドルした、「Lenovo ThinkAgile SX for Microsoft Azure Stack Powered by 日商エレクトロニクス」の提供を開始します。

 さらに企業のハイブリッドクラウド化を支援するために、フィジビリティスタディーサービス、導入コンサルティングサービス、インテグレーションサービスなどを順次リリースし、金融、エンタープライズ市場のデジタルトランスフォーメーションによるビジネスの成功を実現します。

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

 

<製品に関するお客様からのお問い合わせ先>

 レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社

 TEL:0120-13-0984

 日商エレクトロニクス株式会社

 TEL:03-6272-5581

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0465472_01.pdf