業務アプリ開発に特化した.NET UI コンポーネントセットと

JavaScript UI ライブラリ最新版を同日リリース

ComponentOne Studio/Wijmo 2017J v3

 

 グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山3−1−4、代表取締役社長:馬場 直行)は、業務アプリケーション開発に便利な.NET/Xamarin用コンポーネントを数多く収録したスイート製品「ComponentOne Studio(コンポーネントワン・スタジオ)」と、業務Webアプリケーション開発用JavaScript UI ライブラリ「Wijmo(ウィジモ)」の新バージョン「2017J v3」を2017年12月13日(水)にリリースします。

 ComponentOne Studio/Wijmoは、1年定額制のサブスクリプション方式で販売しています。初回費用は、ComponentOne Studioの最上位エディション「ComponentOne Studio Enterprise」の1ユーザーライセンスが162,000円(8%税込)、Wijmoの最上位エディション「Wijmo Enterprise」の1ユーザーライセンスが129,600円(8%税込)となります。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 ComponentOne Studio(以下、C1Studio)とWijmoは、業務アプリケーション開発に必要とされるグリッド、チャート、入力支援機能といったUIコンポーネントが1セットになったオールインワン・ソリューションです。C1StudioはWindows Forms、WPF、UWP、ASP.NET Web Forms、ASP.NET MVC、Xamarinといったテクノロジーをサポートし、デスクトップからWeb、モバイルアプリまで、多様な開発が可能です。

 一方Wijmoは、昨今増加傾向にあるJavaScriptでの業務アプリケーション開発をサポートするJavaScriptUIライブラリです。AngularやReactといった最新のフレームワークにもいち早く連携対応し、高速/軽量で保守性の高いアプリケーションを実現します。

 新バージョン「2017J v3」では、C1Studio/Wijmo両製品で新コントロールの追加や機能強化を行っています。C1StudioのWinForms/WPF/UWPエディションには、グリッドコントロールと連携することで、エンドユーザーによる任意の集計機能の実装が容易となる「ExpressionEditor」コントロールが新たに追加されたほか、ASP.NET MVCエディションにはデータの階層構造と大きさを入れ子の長方形で表す「TreeMap」コントロールが追加されました。Wijmoでは、Visual Studio CodeのHTMLエディタで、Angularコンポーネントのタグや属性をインテリセンスで入力補完が可能となったほか、すべてのコントロールがReactに対応しました。

 このほか、各製品の新機能の詳細はWebサイトで公開しています。

 ■2017J v3 リリース情報—ComponentOne Information

  http://hatena.c1.grapecity.com/entry/2017/12/06/c1studio-wijmo-2017jv3/

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

 ・Microsoft、Windows、Visual Studioは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

 ・GrapeCityおよびWijmoはグレープシティ株式会社の登録商標です。

 ・その他記載されている製品名は各社の登録商標または商標です。

 

◆お問い合わせ

 一般の方のお問い合わせ先

 グレープシティ株式会社 ツール事業部 営業部

 sales@grapecity.com

 048−222−3001

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0465359_01.JPG

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0465359_02.pdf