G-Tune、第8世代CPU

インテル(R) Core(TM) i7-8700K プロセッサー搭載

設置スペースを重視した

マイクロタワーゲーミングパソコン

12月6日(水)より販売開始

 

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 株式会社マウスコンピューター(代表取締役社長:小松永門、本社:東京都、以下マウスコンピューター)は、ゲーミングパソコンブランド「G-Tune」より、最新の第8世代6コア12スレッドCPU「インテル(R) Core(TM) i7-8700K プロセッサー」を搭載したゲーミングパソコン「NEXTGEAR-MICRO im590PA1-SP」を2017年12月6日(水)午前11時より販売開始いたします。

 本製品は、設置スペースを重視したマイクロタワーシャーシを採用しているため、G-Tuneのフラグシップシリーズ「MASTERPIECE」と比較して33%の体積が削減されており、限られたスペースを有効活用しゲームプレイスペースを確保することができます。また、ゲームの描画に重要な要素となるグラフィックスには「GeForce(R) GTX 1080 Ti」を搭載しています。最新の第8世代CPUと組み合わせることで、高負荷な3DCGや物理演算を活用したゲーム描画処理を高速化します。

 製品価格は199,800円(税別)より、マウスコンピューターWEBサイト、電話通販窓口、マウスコンピューター各ダイレクトショップにて販売いたします。

 G-Tuneホームページ:http://www.g-tune.jp/

 製品販売ページ:http://www.g-tune.jp/desktop/nextgear_micro_z370/

■製品特長

 ■最新6コア12スレッドCPUと高性能グラフィックス搭載による高速映像処理

 最新の6コア12スレッドCPU「インテル(R) Core(TM) i7-8700K プロセッサー」と、高性能グラフィックス「GeForce(R) GTX 1080 Ti」を搭載することで、高負荷な3DCGや物理演算を高速に処理することができ、快適なゲームプレイを実現します。また従来の4コア8スレッドCPUである「インテル(R) Core(TM) i7-7700K プロセッサー」を搭載した製品と比べ、コア数だけではなく最大周波数が4.50GHzから4.70GHz、キャッシュが8MBから12MBに増大しており、高速な処理が求められるゲーミングパソコンに最適なプロセッサーとなっております。

 *グラフ資料は添付の関連資料を参照

<Futuremark 3DMark Fire Strike default score ベンチマークスコア>

 Windows 10 Home 64ビット環境 フルHD解像度

 本製品:インテル(R) Core(TM) i7-8700K プロセッサー,GeForce(R) GTX 1080 Ti, 16GB PC4-19200 メモリ

 旧製品:インテル(R) Core(TM) i7-7700K プロセッサー,GeForce(R) GTX 1080 Ti, 16GB PC4-19200 メモリ

 ※スコアは自社測定による参考値です。使用するデバイスや環境、その他の要因によって測定結果は変動します。

 *リリース詳細は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0465313_01.JPG

グラフ資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0465313_02.JPG

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0465313_03.pdf