ファイブ株式会社との資本業務提携による完全子会社化に関するお知らせ

両社の強みを活かした相互のプラットフォームの連携により動画マーケティングに対する市場ニーズに対応し、より良質な広告配信を実現

 

 LINE 株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛、以下 LINE)は、同社の広告配信事業の強化を目的として、スマートフォン向けの動画広告プラットフォームの開発・販売・運用を行うファイブ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役 CEO:菅野圭介、以下 FIVE)と資本業務提携し、同社を完全子会社化することとなりましたので、お知らせいたします。

 FIVE は、2014 年に国内で先駆けとなる動画広告配信プラットフォームをリリースし、運用型広告を展開する「Video Network by FIVE」やブランド広告に特化した「(*)Moments by FIVE」などのサービスを展開しています。リリース以降、急成長を遂げ、現在、国内の動画広告において最大規模のユーザーリーチ数(アプリ MAU:2,800 万以上、WEB サイト UU:3,200 万以上)を記録しているほか、高品質でプレミアムなモバイルアプリをはじめとする 1,800 以上のパートナーメディアとの提携を実現し、広告主の数が 400 を超えるなど、3 年間で大きく事業規模を成長、拡大させています。

 LINE では、2016 年 6 月より運用型広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」の本格運用を開始いたしました。

 「LINE」アプリ内のタイムライン、ニュースサービス「LINE NEWS」のほか、今秋より電子コミックサービス「LINE マンガ」、ブログサービス「LINE BLOG」など LINE プラットフォーム上での広告配信面(広告在庫)の拡大や、各種配信メニューの開発、ターゲティング精度の向上など、様々な取り組みを行ってまいりました。その結果、約 3,000 の企業・ブランドにご利用、ご好評いただき、順調に事業を成長・拡大させ続けております。

 このたびの資本業務提携により、動画広告を専門とする FIVE の技術力やリソースを活用し「LINE Ads Platform」をはじめとした「LINE」関連サービスにおける動画広告を強化していくことに加え、FIVE が保有する 1,800 以上のパートナーメディアによる動画広告プラットフォームの事業基盤と国内 MAU7,100 万人以上にのぼる「LINE」が持つ豊富なオーディエンスデータを連携することで、相互の広告プラットフォームを強化することを目指します。

 また、「LINE」の注力地域であり、豊富なユーザーベースを築くタイ、台湾、インドネシアをはじめとするグローバル市場における事業展開も視野にいれてまいります。

 本資本業務提携により、両社の広告主の皆さまには、これまで以上に魅力的な広告メニューの提供を可能にし、FIVE のパートナーメディアの皆さまには、より強力な収益化手段の提供を行ってまいります。

 なお、現在 FIVE が提供している全ての SDK およびサービスは、本提携以降も変わらずご利用頂くことが可能です。

<LINE 株式会社 代表取締役社長 出澤剛 コメント>

 FIVE 社は、良質なモバイルアプリを中心としたパートナーメディアによる広告プラットフォームの事業基盤、動画広告に特化した高い技術力、優秀なリソースなど、他社にはない強みを持ち、急成長を遂げている会社です。今回の資本業務提携により FIVE 社と LINE が協働することで、各社の強みを活かしながら、更なる広告配信事業の成長・拡大を急速に進めます。広告主様、パートナーメディア様、そしてユーザーにとって、価値があり、魅力的なサービスを提供すべく努めてまいります。

<ファイブ株式会社 代表取締役 CEO 菅野圭介 コメント>

 創業してから 3 年間、世の中に意義ある変化を与えられるプロダクトと事業を生みだしたい、とずっと考えてきました。そして LINE 社は、これまで何度も強烈なイノベーションを生みだしてきているグローバル企業です。

 その LINE 社とともに歩み、強みを持ち寄ることで、FIVE はより高い視座を得ることができます。さまざまな可能性を秘める動画マーケティングを通じてモバイルインターネットを取り巻く皆様に更なる価値を提供できることをとても楽しみにしています。

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0465151_01.pdf