「あんしんネットセキュリティ」に危険Wi-Fi対策を追加

‐公衆無線LAN利用者の83%がセキュリティに不安‐

 

 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、スマートフォンのセキュリティサービスをまとめてご利用いただける「あんしんネットセキュリティ」に、2017年12月5日(火曜)よりセーフWi-Fi(危険Wi-Fi対策)を、Android向けに追加いたします。

 「あんしんネットセキュリティ」は、不正アプリなどの脅威から端末を保護する機能や危険サイトのブロック、迷惑メール対策、詐欺・架空請求などの危険な電話と思われる番号からの着信を事前にお知らせする機能などをセットにして、月額200円(税別)でご利用いただけるサービスです。

 2020年に向けて公衆無線LANの整備が進んでいますが、一方で、正規のWi-Fiスポットになりすましたスポットへの接続によって、通信内容を見られてしまうなどのリスクがあります。総務省が2016年に行った「公衆無線LAN利用に係る調査結果」によれば、スマートフォンやタブレットでWi-Fiを日常的に利用している人の約83%が、公衆無線LANのセキュリティに不安を感じていると答えています(※1)。

 今回新たに提供するセーフWi-Fiは、McAfee,LLCの技術を活用し、危険なWi-Fiスポットへ接続した際に情報漏えいを防止する機能であり、「あんしんネットセキュリティ」をご利用のお客さまは、追加のお支払いなしで本機能をご利用いただけます。

 また、12月5日(火曜)より、既にAndroid向けに提供している、あんしんナンバーチェック(迷惑電話対策)をトビラシステムズ株式会社の技術を活用し、iOS向けに提供開始いたします。

 なお、今回の機能追加に合わせて、12月1日(金曜)〜1月31日(水曜)に新たにドコモオンライン手続きで「あんしんネットセキュリティ」をご契約のうえご応募いただくと、抽選で5,000名様にdポイント(期間・用途限定)を1,000pt進呈するキャンペーンを実施いたします。

 ドコモは、モバイル機器を安心してご利用いただけるよう、今後もさまざまなサービスを提供してまいります。

 ・あんしんネットセキュリティ

  https://www.nttdocomo.co.jp/service/anshin_pack/index.html

■別紙「あんしんネットセキュリティ」に危険Wi-Fi対策を追加の概要

 *添付の関連資料を参照

 ※「Wi-Fi」は、Wi-Fi Allianceの商標または登録商標です。

 ※「Android」は、Google Inc.の商標または登録商標です。

 ※「iOS」商標は、Ciscoの米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

別紙「あんしんネットセキュリティ」に危険Wi-Fi対策を追加の概要

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0465146_01.pdf