ストラタシス、研究と開発に役立つ画期的な手法を生み出す新ソリューション「GRABCAD VOXEL PRINT (TM)」を発表、

ボクセル制御3Dプリンティングにおける新たな基準を確立

〜新しいソフトウェア・ユーティリティにより、マルチマテリアル3Dプリンティングの能力と真のボクセル・レベルの制御が組み合わされることで、ユーザーは、素材に関する詳細な要件に応じた高度な構造体、グラデーションカラー・パターン、内部の特性やテクスチャを創り出すことが可能に〜

〜研究、開発、生医学的モデリング、製品設計の新たなイノベーションの世界を切り拓く〜

 

 3Dプリンティングとアディティブ・マニュファクチャリング・ソリューションの世界的リーダー企業であるStratasys Ltd.(Nasdaq:SSYS、以下ストラタシス)の日本法人、株式会社ストラタシス・ジャパン(以下、ストラタシス・ジャパン)は本日、設計と3Dプリンティング処理において真のボクセル・レベルの制御を実現する、同社の「Stratasys J750」3Dプリンティング・ソリューション向けの新しいソフトウェア・ソリューション「GrabCAD Voxel Print」を発表しました。本ソリューションは、3Dプリンティングの基礎単位である微細なボクセルを操作することで、これまでは不可能であった3Dプリンティングによる効果と特性を実現します。本ソリューションと、ストラタシスJ750 3Dプリンティング・ソリューションのユニークなフルカラー・マルチマテリアル3Dプリンティング機能の組み合わせにより、学術研究、製品設計、生医学、アート、デザインとアニメーションなど、高度な内容が要求されるさまざまなカスタマー・アプリケーション向けのデジタルマテリアルと高度な構造体の新しい世界が開かれます。

 ※図1は添付の関連資料を参照

 ストラタシスのグローバル・エデュケーション・マーケティング部門の責任者であるジーナ・スカラは、次のように述べています。「GrabCAD Voxel Printを使用することで、世界中のユーザーに使用されているストラタシスのユニークなPolyJet(TM)のフルカラー&マルチマテリアル機能を活用することができ、PolyJetが対応できる機会を指数関数的に増やすことができます。このマシン制御ユーティリティを使用することで、ユーザーは何千種類もの素材をボクセル・レベルで操作でき、素材に関して他のどの方法でも実現不可能だった詳細な要件に応じて3Dモデルを製作できます。このユーティリティは、実際にストラタシスのJ750 3Dプリンタを、実験と発見とイノベーションのための高機能な世界的プラットフォームに変身させます。驚くべき新製品のアイデアは、しばしば研究室で生まれます。このような研究室での設計や製作に、GrabCAD Voxel Printは大きな影響を与えることができます。」

■さまざまなアプリケーション向けのあらゆるデジタル素材を製作可能

 ストラタシスのユニークなデジタル素材は、PolyJet(TM)フォトポリマーを3Dプリンタ内部で組み合わせて作られます。ストラタシスJ750プラットフォームにGrabCAD Voxel Printをインストールすることで、3Dプリントする素材の密度、構造、カラーマッピングをボクセル・レベルで操作することが可能になります。このため各ユーザーが固有なニーズに応じて、高度な構造体、グラデーションカラー・パターン、内部の特性とテクスチャの作成など、素材に関して従来の3Dプリンティングでは実現不可能だったさまざまなアプリケーションの詳細な要件に適合するまったく新しいデジタル素材を製作できます。

 ※図2は添付の関連資料を参照

 LAIKA(ライカ)社の短期試作部門の統括責任者ブライアン・マクリーン氏は次のように説明しています。「3Dプリンティングを使用することで、ライカ社は古くからの技術であるストップモーション・アニメーション(コマ撮り)をよみがえらせることに成功しています。3Dプリンティングは驚くべき新たな世界を切り拓きます。アニメ製作者は、ストラタシスのマルチマテリアルPolyJet(TM)テクノロジーを使用することで、私たちが想像できる範囲では最も精細で創造的なキャラクターのビルドに必要な、ボクセル・レベルでの正確な操作を行えます。コマ撮りやカスタムアニメーションの動画に命を吹き込むには、このような正確な操作が欠かせません。当社が他のテクノロジーでは実現できずにいたのが、このような正確な操作なのです」。

 各ユーザーが固有のモデル・レイヤー・スライサー・ツールを使用してスライスごとにボクセル・レベルで特性を指定できるため、境界表現より高度なボリューム・モデリングの機能を実現できます。ユーザーの心の内にひらめいたアイデアをストラタシスで現実世界のモノとして設計し製作できるのは、ストラタシスにこの機能があるためです。GrabCAD Voxel Printで生成されるGrabCAD Voxelファイル(GCVF)は、直接GrabCADにロードしてストラタシスJ750 3Dプリンタで製作できます。

 シンガポール工科デザイン大学(SUTD)デジタル製造・設計(DManD)センターの研究担当副学長兼共同ディレクターであるマーティン・ダン氏は、次のように述べています。「GrabCAD Voxel Printは画期的な生産技術です。私たちにとってGrabCAD Voxel Printは、建築設計、工業設計、技術設計の分野にわたりこれらの分野を統合する新しい設計自動化手法への興味深い問いかけなのです。GrabCAD Voxel Printは、素材と構造体との間の伝統的な境界線あるいはデジタル世界と実世界の間の伝統的な境界を曖昧にさせるほどの製品を考え出し創造できる、新しい方法を切り拓いているのです。」

 ※図3は添付の関連資料を参照

■ストラタシス・ジャパンについて

 ストラタシス・ジャパンは、航空宇宙、自動車、ヘルスケア、コンシューマー製品や教育など、様々な業界向けのアディティブテクノロジーにおける世界的リーダーであるStratasys(NASDAQ:SSYS)の子会社です。30年近くにわたり、深くかつ継続して顧客企業のビジネスニーズに焦点を置き、意図的な革新技術:本日現在1,200件以上の取得済みもしくは申請中の積層技術に関する特許を有しています—により、デザインプロトタイプから製造ツール、最終製造パーツにいたるまで、製品ライフサイクルプロセスを通じ新たな価値を創造します。ソリューションと専門知識−高度なマテリアル;Voxelレベルまで制御するソフトウェア;高精細かつ再現性と信頼性のあるFDMおよびPolyJet 3Dプリンタ;アプリケーションに基づく専門的サービス;オンデマンドパーツおよび業界を定義するパートナーシップ−というストラタシスの3Dプリンティング・エコシステムは、各顧客の進化するワークフローへのシームレスな統合を確保するためのソリューションです。 アディティブの真の世界的な可能性を満たすため、ストラタシスは、ビジネスプロセスを加速し、バリューチェーンを最適化し、そして世界中の何千人もの将来のリーダーがビジネスパフォーマンスを向上させるための画期的な、業界に特化したアプリケーションを提供します。

 本社:米ミネソタ州ミネアポリス、イスラエル レホボト

 ストラタシスについて、詳しくはhttp://www.stratasys.co.jp/またはhttp://blog.stratasys.com/jaをご覧いただくか、もしくはfacebook,LinkedInでフォローしてください。

 Stratasysは登録商標です。また、PolyJet,Stratasys J750,Connex3はStratasys Ltd.および/またはその子会社もしくはの登録商標または商標です・Fortus,FDM,およびObjetはStratasys Ltd.の登録商標です。また、Connex、FDMおよびPolyJetテクノロジーはStratasys Ltd.およびその子会社あるいは提携会社の商標、もしくは登録商標です。その他のすべての商標はそれぞれの所有者に帰属します。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

図1

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0465109_01.jpg

図2

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0465109_02.jpg

図3

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0465109_03.jpg