事故注意地点を案内する無料カーナビアプリ

「転ばぬ先のナビ」をリリース!

〜阪神高速を経由する方に事故注意地点を案内〜

 

 株式会社ゼンリンデータコム(所在地:東京都港区港南、代表取締役社長:清水辰彦)は、事故リスクデータ活用を研究する「阪神都市圏交通事故リスクマネジメント研究会」(※1)の一環として、事故注意地点を案内するAndroid(TM)端末専用の無料カーナビアプリ「転ばぬ先のナビ」を2017年12月1日(金)にリリースいたしました。

 本アプリは阪神高速道路株式会社が提供した事故注意地点を基に、阪神高速上の事故注意地点約60箇所で注意喚起(画面表示と発話)を行います。(※2)

 また、自動更新によるゼンリンの最新地図表示、リアルタイムの交通状況(VICS渋滞情報/規制情報)の提供、交差点や分岐での音声案内、方面看板や交差点拡大図による誘導案内など、本格的なナビ機能を提供します。

 本アプリの提供は、2017年12月1日〜2018年2月末(予定)で、「転ばぬ先のナビ」で阪神高速道路を走行する運転者へ危険箇所を案内し、注意喚起を行う実証実験を行います。

【主な機能】

■自動更新でゼンリン最新地図を表示

 ・建物やランドマークをひと目で判断でき、現在位置を直感的に判断することが可能

 ・地図を拡大することで建物名や形状、細街路までを表示

■交差点や分岐での音声案内

 ・ナビ中に交差点や分岐に近付くと音声で案内

 ・交差点名称の読み上げに対応

 ・方面看板や交差点拡大図を表示

 ・レーン情報を表示

■高速道路でのナビ案内

 ・通過予定のサービスエリアやパーキングエリア、ジャンクション等を専用画面で表示

 ・ジャンクション、料金所、合流地点、高速道路出口に近付くと音声で案内

 ・ジャンクション分岐、料金所のETCレーン、高速道路出口の案内画像を表示

■阪神高速道路の事故注意地点を収録

 ・事故注意地点は、過去の事故データを当時の気象状況、運転者の性別・年代・日常的に運転をする職業かを分類して整備

 ・阪神高速道路を含むルート案内では、事故注意地点に近づくと運転者の性別・年代・職業にあわせて危険地点を通知音と音声で案内

 ◇参考画像・QRコードは添付の関連資料を参照

 ※1

  阪神都市圏交通事故リスクマネジメント研究会とは

  事故リスクデータを活用した交通安全の実現に向け、阪神高速道路株式会社を事務局として、学識経験者やナビ会社、自動車会社、損保会社、高速道路会社などで組織する研究会です。なお本研究会は、交通工学研究会が実施する自主研究「交通事故リスクマネジメントに関する研究」の分科会に位置づけられております。

  本研究会では、京阪神地区の事故発生地点の整備・リスク分析をすすめており、事故注意地点(事故多発地点)の整備とあわせ、整備データの活用による安全運転への啓蒙活動を進めています。

  「阪神都市圏交通事故リスクマネジメント研究会」での取り組みについて

  http://www.hanshin-exp.co.jp/drivers/driver/safety/accidentrisk.html

 ※2

  阪神高速道路以外の道路上(一般道や他の高速道路など)では事故注意地点の通知はありません。

【商標について】

 * 記載されている会社名、製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。

【会社概要】

 会社名:株式会社ゼンリンデータコム(http://www.zenrin-datacom.net/)

 本社:東京都港区港南2-15-3 品川インターシティ C棟6階

 代表者:代表取締役社長 清水 辰彦

 設立:2000年4月13日

 資本金:2,283,010千円(2017年4月1日現在)

 事業内容:□ITS事業 高精度な地図データを活用したテレマティックス事業の展開□ネットサービス事業 地図をベースとした法人向け付加価値情報サービスの提供□コンシューマー向け事業 「いつもNAVI」をメインとした、地図・ナビゲーションサービスの提供

 従業員数:301名(2017年4月1日現在)

 

◆お客様お問合せ先

 下記の「お問い合わせ」ページよりご確認ください。

 http://www.zenrin-datacom.net/contact/index.html

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像・QRコード

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0464963_01.JPG