Wi−Fiを活用した広告ビジネスモデル「アドWi−Fi」の実証実験を開始

〜広告活用によりWi−Fi利用料金の低減や来店客へのデジタルコンテンツの提供が可能に〜

 

 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、デジタル広告・マーケティング事業を手掛ける株式会社D2Cと連携し、広告を活用することで店舗等に設置するWi−Fiを安価に企業へ提供する広告活用モデル「アドWi−Fi TM」(以下、本サービス)について、2018年度中の商用化をめざした実証実験(以下、本実験)を2017年11月30日(木)から開始いたします。

 本サービスは、ドコモが提供する法人向けWi−Fiサービス「ドコモ光ビジネスWi−Fi」(※)を活用し、Wi−Fi接続時に連動表示するWebページ上に、動画のバナー広告やゲームのデジタルコンテンツ等を掲載し、ドコモが同ページを経由して得られた広告収入をWi−Fi提供料金の一部に充当することで、Wi−Fi利用企業に安価にWi−Fiを提供する新しいビジネスモデルのサービスです。本サービスを導入することで、企業は来店客へWi−Fiを無料または安価に提供することが可能になることに加え、自社プロモーションの促進、マーケティングデータの活用、来店客向けデジタルコンテンツ提供によるCS向上を同時に享受することが可能となります。

 本実験において、実際に商業施設や公共施設等で運用を行い、Wi−Fi利用者のアンケートや広告の効果等を検証し、商用化に向け最適化を行います。具体的には、ユニー株式会社(以下、ユニー)が運営するショッピングセンターや埼玉県鴻巣市(以下、鴻巣市)のイベント施設等で行い、「アドWi−Fi」を実際にご利用されたお客様とユニー、鴻巣市に、本サービスの評価等をいただきます。今後、更に実施場所を拡大し、本実験を行うことで、早期のサービス提供実現に向け検証を行っていまいります。

 ドコモでは、全国のより多くの企業に付加価値の高いWi−Fiサービスを提供できるよう取り組んでまいります。

 ※Wi−Fi導入から運用・管理までをプロにお任せできるサポート付きクラウド型Wi−Fiサービスです。

 *「アドWi−Fi」「ドコモ光ビジネスWi−Fi」はドコモの商標です。

 ◇別紙は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

別紙

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0464831_01.pdf