IDCフロンティアとデータアーティスト、AIを搭載したクラウド型DMPを共同開発

〜機械学習と自然言語処理でユーザーの興味関心を高精度に抽出・分析〜

 

 株式会社IDCフロンティア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:志立 正嗣、以下 IDCF)とデータアーティスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山本 覚、以下データアーティスト)は、AIを用いてサイト利用者の興味や関心を高精度で抽出・分析し、ITリソースもパッケージングしたクラウド型のプライベートDMP(データマネジメントプラットフォーム)「Pleasure Data」(プレジャーデータ)を共同開発し、11月30日より提供を開始します。

 ファッションや美容、グルメ、スポーツなど、さまざまなテーマの情報サイトを運営するメディアやコンテンツ事業者は、ページの閲覧回数や滞在時間の向上、広告を出稿する企業への送客率増加など、自社サイトの編集方針や媒体価値向上のため、人気コンテンツの傾向、特徴などを日々分析しています。

 しかし、サイト利用動向の収集と分析・可視化には、専門知識を有するデータサイエンティストだけでなく、データ収集のための分析プラットフォーム構築と運用も行わなければならず、システム開発や運用エンジニアの人的面と、導入にかかるコストや時間が必要です。「Pleasure Data」を利用することで、最短2週間程度の短期間でDMPの導入が可能で、インフラ初期投資の抑制と、人手に依存する分析時間をAIが行うことで約10分の1まで削減することができます。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 「Pleasure Data」は、メディアやコンテンツ事業者向けのプライベートDMPとして、データの蓄積や分析のプラットフォーム部分は両社で共同開発し、IDCFが「IDCFクラウド」を活用したインフラ面、データアーティストがAI技術を担当しています。自社でインフラの構築が不要なクラウド型のサービスで、DMPのシステムと収集したデータは国内のデータセンターで運用・保存されます。導入はコンテンツへのタグの設置だけでサイトからのデータ収集を開始し、機械学習によるデータベースの自動構造化と、AIによるコンテンツ分析やペルソナとカスタマージャーニーを高精度で抽出、可視化します。

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0464704_01.JPG

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0464704_02.pdf