ICS研究所・NTT Com・NTTセキュリティの3社が、サイバー攻撃に備えた実践的なIoTセキュリティ対策の体験学習プログラムを開始

〜セキュリティ関連技術を保有するベンダー企業の協力により新たなハンズオン環境を実現〜

 

 株式会社ICS研究所(以下 ICS研究所)、NTTコミュニケーションズ株式会社(以下 NTT Com) および NTTセキュリティ・ジャパン株式会社(以下 NTTセキュリティ)の3社は、製造業やシステムエンジニアリング企業などの、製造/制御システム(※1)や各装置の設計・構築・運用を行う技術者を対象に、サイバー攻撃に備えた実践的なIoTセキュリティ体験学習プログラムを2018年2月1日より開始します。なお、本プログラムの受講者と、さらなるベンダー企業の募集を2017年11月29日より開始します。

1.背景・目的

 IoT(Internet of Things)の普及に伴い、企業の基幹業務システムや工場の制御システムなど、重要なインフラ基盤がサイバー攻撃の標的となっています。これにより企業は、システム設計の初期段階からサイバー攻撃に強いシステム構築や、OT(Operation Technology)(※2)領域におけるセキュリティ対策が必要です。

 しかし、Industry4.0(※3)を提唱したドイツなど製造業のIoT化を推進する主要国と比べ、日本ではセキュアなOT環境の実現に向けた研究や人材育成の取り組みが遅れていることから、ICS研究所、NTT Com、NTTセキュリティ の3社は、実践的なIoTセキュリティ技術を保有する人材の育成を目指し、「講義形式の学習」と「ハンズオン(※4)(体験型学習)環境の実習」を同時に受講できるプログラムを、協力ベンダー企業とともに提供します。

2.プログラム概要

 製造/制御システムや各装置の設計・構築・運用を行う技術者が日頃抱えている課題を解決するとともに、実践的なIoTセキュリティ人材を育成することを目的に2つのプログラムを提供します。

 なお、本プログラムは、複数企業のセキュリティ対策製品・技術などを1つのハンズオン環境内に実装しており、業界的にも新しい取り組みです。

 (1)学習プログラム(有料)(※5)

   Eラーニングおよび講義形式で、サイバー攻撃の脅威を十分に理解するとともに、被害を防ぐためのシステム設計構築方法やインシデント対処方法などを学習できるプログラムです。

 (2)技術検証プログラム(無料)

   学習プログラムで習得したセキュリティ技術や知識をもとに、実際に業務で利用する製造/制御システムや各装置の一部を用いたハンズオン環境を構築し、今後導入を検討している複数社のセキュリティ対策製品の技術検証や、日頃の課題解決についての体験学習ができるプログラムです。

3.各社の主な役割

 ・ICS研究所:重要インフラ(※6)や工場などで導入されている製造/制御システムの実用的なセキュリティ対策技術、および教育コンテンツなどを提供します。

 ・NTT Com:ハンズオン環境の基盤となるネットワーク・クラウドサービスを提供します。

 ・NTTセキュリティ:Security Operation Center(※7)運営などで培ったIT領域のサイバーセキュリティ対策技術やノウハウ、試験用ツールなどを提供します。

  ※ハンズオン環境は、3社で協力して構築します。

4.協力ベンダー企業

 セキュリティ対策製品、製造/制御システムを構成する各装置、および試験用ツールなどの提供に協力いただきます。

【現時点での参加予定企業】

 ・株式会社カスペルスキー

 ・日本シノプシス合同会社

 ・アズビル セキュリティフライデー株式会社

 ・トレンドマイクロ株式会社

 ・マカフィー株式会社

 ※さらなる参加をお待ちしております。協力いただけるベンダー企業のみなさまはiot-testbed@ntt.comまでご連絡ください。

 *リリース詳細は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0464613_01.pdf