部品のピッキング作業を効率化するソフトウェア「ストアピッキング」を販売開始

自社の生産性改善活動の知見を生かし、お客様のものづくり革新を支援

 

 当社は、ノートパソコンやタブレットを製造している株式会社島根富士通(本社:島根県出雲市、代表取締役社長:神門 明、以下:島根富士通)において、ものづくり革新活動に取り組む中で培った部品のピッキング作業の改善ノウハウを実装したソフトウェア「FUJITSU Manufacturing Industry Solution COLMINA Service ストアピッキング(以下、ストアピッキング)」を、11月29日より販売開始します。

 本ソフトウェアは、倉庫の部品棚(ストア)から運び出した部品を製品の組み立てラインへ供給するピッキング作業において作業指示をデジタル化することで、部品のピッキング・供給ミスを大幅に削減し、ものづくり全体の生産性向上とコスト削減を実現します。

 当社は今後も、自社の製造現場における改善活動の知見を生かし、お客様のものづくり革新を支援していきます。

■背景

 近年の製造業におけるものづくりでは、多様化する顧客ニーズに対応するため、従来の少品種大量生産方式から多品種少量生産へと変革が求められています。また製造の現場では、競争力を高めるため、ものづくり全体における作業の効率化や品質向上、コストの削減がより一層重要となっています。

 そのような状況において、島根富士通では、1製品ごとに仕様が異なる多品種少量生産へ対応するために、複数の製品の組み立てを1つのラインで行う混流生産を行っています。倉庫の部品棚から製品に必要となる部品をカートで運び出して組み立てラインへ供給するピッキング作業において、従来、作業者は紙に印刷した作業指示書を基に目視で対象部品を確認しながら各部品棚から部品を回収していました。そのため、対象部品を探し出す時間がかかっていたほか、部品の取り間違えや指示書の読み間違いなどにより適切なピッキングが行われず、その後の組み立て工程で製品が正しく組み上がらずにラインが停止するなど、生産性の改善が求められていました。

 そこで島根富士通は、組み立てラインへの適切な部品供給を実現するために、独自の技術でピッキング作業をデジタル化する仕組みを開発しました。

 その仕組みを生かして約2年間の社内実践を行ったところ、ピッキング作業や組み立てラインへの部品供給におけるミスの約70%、部品棚との往復時間などのピッキング作業工数の約15%を削減したほか、デジタル化したことで紙のピッキング指示書を不要としています。

 これにより、ピッキングミスによる組み立てラインの停止時間を大幅に削減し、ものづくり全体におけるコスト削減を実現しました。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 当社は島根富士通での実践で培われたノウハウや、ピッキング作業の中核機能であるアプリケーション群をパッケージ化し、「ストアピッキング」として販売開始します。

 また、当社ものづくりを熟知したベテランによる、既存のものづくり統合支援サービス「ものづくりエキスパートサービス」を併せて利用することで、お客様の工場内における物の流れを考慮した部品棚のレイアウトや、作業者の動線を分析し、改善を提案することで、お客様のものづくり革新の実現を支援していきます。

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

■商標について

 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以上

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0464585_01.JPG

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0464585_02.pdf