東芝デジタルソリューションズとファーウェイ、NB-IoTのスマートファクトリー分野での活用に向けて協業

〜ロンドンで、世界各国のエコシステムパートナーに共同ソリューションを披露〜

 

 東芝デジタルソリューションズ株式会社(神奈川県川崎市 取締役社長 錦織弘信 以下、東芝デジタルソリューションズ)とファーウェイ(深●市(◇)竜崗区、中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)は、今年3月に産業向けIoT分野における協業に合意し、その最初のプロジェクトとしてIoT向けLPWA(注1)(省電力広域無線ネットワーク)の1つであるNB-IoT(注2)のスマートファクトリー(注3)分野への活用に向けて技術検証を進めてきました。この一環で、「モバイルブロードバンドフォーラム2017(注4)」(11月15日〜16日、イギリス・ロンドン)において、NB-IoTを活用したスマートファクトリーソリューションを披露しました。両社は今後、ファーウェイが日本を含む世界各国に設置するオープンラボを活用して本ソリューションの実証実験を行い、さらに商用展開に向けた検討を進めていきます。

 ◇市の正式表記は添付の関連資料を参照

 東芝デジタルソリューションズは、東芝IoTアーキテクチャー「SPINEX(TM)(スパインエックス)」を活用した機器の稼働状況の遠隔監視に加え、東芝140年の“ものづくり”の知見と実績を集約した東芝アナリティクスAI「SATLYS(TM)(サトリス)」により、高精度な異常検知・故障予知を実現するインダストリアルIoT向けソリューションを提供しています。また、世界有数のICTソリューション・プロバイダーであるファーウェイは、移動体通信システムをエンドツーエンドで支える通信機器やスマートフォンをはじめとする端末製品などを提供しています。同社のNB-IoTソリューションは、中国、韓国、ドイツ、スペインなどの通信事業者14社により商用化されているほか、シェア自転車や家電、水道メーター、街灯、物流などの40業種・600社の企業とNB-IoTの活用に向けてオープンな協業を進めています。

 今回の協業では、東芝IoTアーキテクチャー「SPINEX(TM)」上に、ファーウェイの高信頼性や省電力・広カバレッジエリアを特長とするNB-IoTソリューションを適用することで、電波が届きにくく、商用電源の確保が難しい工場屋内における機器の遠隔監視を実現するスマートファクトリーソリューションを目指します。両社はモバイルブロードバンドフォーラムにて、ファーウェイのNB-IoT対応チップセットを搭載した東芝デジタルソリューションズのIoTゲートウェイを活用したスマートファクトリー向けソリューションのデモを披露しました。

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

 *SPINEX,SATLYS は、東芝デジタルソリューションズ株式会社の日本またはその他の国における登録商標または商標です。

 *その他、本文章に記載されている社名及び商品名はそれぞれ各社が商標または登録商標として使用している場合があります。

 

 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

市の正式表記

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0464582_01.JPG

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0464582_02.JPG

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0464582_03.pdf