トランスコスモス、企業向けブロックチェーン関連団体「Enterprise Ethereum Alliance」に参画

先進事例における成功例や課題をいち早く共有・分析し、お客様企業へブロックチェーンを推進

 

 トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝)の米国子会社transcosmos America Inc.(本社:カリフォルニア州、President CEO:永倉辰一)は、Ethereum ブロックチェーンの企業や組織への適用を進める団体「Enterprise Ethereum Alliance」に2017年11月20日付けで加盟しました。

 *ロゴは添付の関連資料を参照

 ブロックチェーンは暗号通貨や金融サービスへの適用が既に進んでいますが、トランスコスモスでは今後の一般企業や組織への適用を見据え今回の参画を決定しました。トランスコスモスの事業領域であるデジタルマーケティング、EC、コンタクトセンター、さらにはサプライチェーンなどのBPO領域や公共事業への適用を前提に、本団体における各種ワーキンググループへの参加や実証実験への取り組みを加速していきます。

■ブロックチェーンを取り巻く環境

 ブロックチェーンは分散型台帳技術がベースとなる技術で、既に新たな決済の仕組みや暗号通貨で利用されており、今後、さまざまな企業向けサービスへとその適用範囲の拡大が期待されています。特にEthereumブロックチェーンにおけるスマートコントラクトと呼ばれる契約の自動実行機能が根幹となり、中央管理者なしでのさまざまなトランザクションの自動実行を可能にします。つまり中央管理機関が存在しない真の分散型サービスやP to P(Peer to Peer)サービスを非常に高い信頼性とともに実現できるのです。

 20世紀最後にインターネットが誕生し過去10年間は中央管理機関がコントロールするクラウドサービスが中心でしたが、今後は中央管理機関が存在しない分散型のサービスが台頭する可能性があります。分散型サービスの究極形であるP to Pサービスも実現性を帯びてきており、近い将来個人のもつ各種アセットの交換がブロックチェーン上で実現される可能性が高まってきています。つまり、今までインターネットでは情報の交換がメインのサービスでしたが、今後ブロックチェーンにより情報だけではなく、企業や個人のもつさまざまなアセットである知識、スキル、持ち物などを中央管理機関なしで安全且つ自動的に交換できるようになるわけです。これにより、さまざまな革新的なサービスを期待できるわけですが、そのためにはブロックチェーンのさらなるパフォーマンスの向上、運用管理面での強化が求められます。それらの課題を解決する団体として「Enterprise Ethereum Alliance」が立ち上げられました。

 *リリース詳細は添付の関連資料を参照

 ※トランスコスモスは、トランスコスモス株式会社の日本及びその他の国における登録商標または商標です

 ※その他、記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0464580_01.JPG

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0464580_02.pdf