富士通とサイトコア、デジタルマーケティング分野における協業を拡大

「Sitecore XP」を富士通のクラウドサービス「K5」上から提供することで合意

 

 富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 達也、以下、富士通)とサイトコア株式会社(本社:東京都港区、日本法人代表取締役:酒井 秀樹、以下、サイトコア)は、これまでの協業範囲を拡大し、サイトコアのWebコンテンツ管理ソフトウェア「Sitecore(R) Experience Platform(TM)(以下、Sitecore XP)」を、富士通のクラウドサービス「FUJITSU Cloud Service K5(以下、K5)」上から提供することで合意しました。富士通は今後、「Sitecore XP」をクラウドサービスとして提供していきます。

 なお、サイトコアのパートナーが、自身が持つクラウド基盤上からクラウドサービスとして提供するのは国内で初めてとなります。富士通は本サービスを、2018年度上期(4-9月期)に国内で展開していきます。

 本サービスの提供に当たり、富士通は、「Sitecore XP」の導入経験豊富な技術者による導入から運用までのトータルなサポートを提供します。加えて、これまでの「Sitecore XP」の導入実績や、社内実践による自社Webサイトでの活用で培った知見やノウハウをベースに開発した、「Sitecore XP」導入を容易にする業務テンプレートや開発コンポーネントも併せて提供します。

 両社は今後、本サービスのグローバル展開も視野に、デジタルマーケティング分野における取り組みをさらに拡充し、お客様のビジネス革新に貢献していきます。

■背景

 近年、スマートデバイスやSNSの普及に伴い、企業活動においてWebサイトをデジタルマーケティングの中核ツールとして戦略的に活用する動きが活発化しています。

 富士通とサイトコアは、2010年よりデジタルマーケティング分野での協業を開始し、金融や製造をはじめさまざまな分野のお客様にオンプレミスで「Sitecore XP」を提供し、Webサイトを活用したデジタルマーケティングによる企業価値向上を支援してきました。また、富士通はそうした導入実績に加え、自社で「Sitecore XP」を活用したWebサイトをクラウド基盤上で構築、運用する社内実践を通じ、サイトコアの国内パートナーでは最多となるサイトコア認定エンジニア約40人を育成してきました。

 両社はこのたび、「Sitecore XP」のビジネス拡大に向けて協業範囲を拡大し、従来のオンプレミスでの提供に加え、高い信頼性を備えた「K5」上から富士通のクラウドサービスとして提供することで合意しました。これにより、お客様は要望に合った「Sitecore XP」の導入形態を選択できるとともに、「Sitecore XP」によるWebサイトの迅速な構築や運用、デジタルマーケティングによる戦略の高度化が可能になります。

■「Sitecore XP」の特長

 「Sitecore XP」は、多様なコンテンツ管理機能やマーケティング機能が一元化された拡張性の高いWebコンテンツ管理ソフトウェアで、他のCRMやBIツールとも簡単に連携させて使用することが可能です。現在世界50か国、5,200社以上で利用されています。

 Webサイト訪問者の属性やサイト上での行動パターンに合わせてコンテンツを表示するパーソナライズ機能に加え、お客様の社内システムに散在するさまざまな顧客関連データや、連携させたSNSなどの外部システムから得られる情報を収集、分析し、訪問者に最適なアプローチを自動的に行う機能など、デジタルマーケティングに必要なさまざまな機能を備えています。

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

■商標について

 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以上

 

◆本件に関するお問い合わせ

 富士通コンタクトライン(総合窓口)

 電話 0120-933-200

 受付時間: 9時〜17時30分(土曜日・日曜日・祝日・当社指定の休業日を除く)

 

 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0464561_01.pdf