イーソル、組込み機器へのROS/ROS 2適用技術を活用し、未活用領域へのロボットの導入コスト削減と市場拡大を促進

〜NEDOの委託事業として、産総研、東京大学などとロボットソフトウェアのプラットフォーム化に向けた共同研究開発を実施〜

 

 イーソル株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:長谷川 勝敏、以下イーソル)は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)に採択された、ロボット活用型市場化適用技術開発プロジェクトの委託事業「ロボットのプラットフォーム化技術開発(ソフトウェア)」(以下、本事業)において、イーソルのROS(*1)/ROS 2適用技術や知見を活用した、組込み向けロボットミドルウェアおよびロボットシステム開発プロセスの研究開発を進めます。これにより、食品や医薬・化粧品製造ライン、物流、流通などの様々なロボット未活用領域において、ロボットの導入コスト削減と市場拡大の促進に貢献します。

 「ロボットのプラットフォーム化技術開発(ソフトウェア)」は、国立研究開発法人 産業技術総合研究所(以下産総研)、国立大学法人 東京大学、一般社団法人 東京オープンソースロボティクス協会、一般財団法人 日本品質保証機構(以下JQA)、イーソルが共同で実施するものです。本事業では、マニピュレーションやナビゲーションといったロボット機能を実現するソフトウェアの再利用性や安全性・運用性、開発効率の向上を目指し、オープンソースソフトウェア(OSS)のロボットミドルウェア・OSの活用、アプリケーション別ソフトウェアのパッケージ化およびプラットフォーム化、ツール等の開発に加え、安全なロボットシステムの開発・運用プロセスの確立とガイドラインの策定を実施します。ロボットOSの基盤となるROSは、オープンソースのロボット制御フレームワークです。本事業においてイーソルは、従来UNIX系OSを標準環境としていたROSおよび次世代のROS 2を、イーソルのスケーラブルリアルタイムOS「eMCOS」やOSSの無償リアルタイムOSなどの組込みリアルタイムOSに実装し、運用性や信頼性・安全性の向上を担います。また産総研およびJQAと共同で、ロボットシステム開発プロセスと安全開発ガイドラインの策定に取り組みます。

 イーソルは、自動車や産業用ロボットをはじめとする様々な分野において、ROS/ROS 2を利用した組込みシステム向け開発実績が多数あります。2015年11月に開催された「あいち ITSワールド 2015」でデモ走行を行った自動運転車に採用された自動運転プラットフォームは、eMCOSにROSを対応させた「ROS on eMCOS」を搭載し、その上に自動運転システム用OSS「Autoware」を組み合わせて実現しました。また省資源のマイコンを使った小規模な組込みシステムへのROS/ROS 2の実装実績があります。その他、ROSを使用したロボット制御アプリケーションの開発、ROSの主要なパッケージやツールのカスタマイズ、既存システムとのブリッジ機能など、開発実績は多岐にわたります。

 イーソルは、ROS/ROS 2エンジニアリングサービスや信頼性の高いeMCOSを中心とするソフトウェアプラットフォーム技術を提供することで、品質確保や機能安全対応などの高付加価値を付与したロボットシステムの製品化を強力に支援します。

 *1 Robot Operating System

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

 *記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0464558_01.pdf