ケイデンス、業界初のPCI Express 5.0 検証 IPの提供開始を発表

TripleCheckテクノロジーを備えるケイデンスの検証IPにより、

サーバーおよびストレージアプリケーションに向けたPCIe次世代規格の早期適用が可能

 

 ケイデンス・デザイン・システムズ社(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ市、以下、ケイデンス)は、11月28日(米国現地時間)、PCI Express(R) (PCIe(R)) 5.0アーキテクチャーに対応する業界初の検証IP(VIP)の提供開始を発表しました。

 TripleCheck(TM)テクノロジーを組み込んだケイデンスのVIPにより、設計者はPCIe 5.0仕様に基づくサーバーおよびストレージ向けシステムオンチップ(SoC)の機能検証を迅速かつ網羅的に完了することができ、デザインを設計意図に従い確実に機能させることができます。

 TripleCheckテクノロジーを備えるPCIe 5.0向けケイデンスVIPについての詳細は、http://www.cadence.com/go/pcie5vipをご参照ください。

 数多くの実績により業界をリードするケイデンスのVIPは、直近すべてのPCIe規格に対応しており、新しい5.0仕様に向けてさらに最適化されています。PCIe 5.0仕様を適用するお客様は、それぞれの仕様に対して測定可能な検証項目からなる検証プランや、即座に実行可能な何千ものテストを網羅するテストソリューションを提供するケイデンスのTripleCheckテクノロジーを使用することで、仕様への準拠を確実なものにすることができます。これにより、設計者の工数を削減し、かつ高品質な最終製品を提供することが可能になります。さらに設計者は、デザイン、VIP、テストベンチ間のプロトコル固有のやり取りを検証するIndago(TM) Protocol Debug Appを使用することで、設計不具合の根本原因を見つけることができます。

■Mellanox Technologies社コメント

 Shlomit Weiss氏(Senior vice president, silicon engineering):

 「我々の設計チームは、従来バージョンのPCIe向けケイデンスVIPを活用し、コンピューティングおよびストレージのインフラストラクチャ開発に向け、世界をリードするインターコネクトソリューションを提供することに成功しました。より高性能なマシンラーニング、クラウド、ストレージなど各種アプリケーションに向けて、より高速なデータ転送速度に対する要求に対応するために、ケイデンスのPCIe 5.0向けVIPソリューションは我々の次世代製品開発にとって大変重要です。」

■ケイデンス・コメント

 Michal Siwinski(Vice president, product management, System and Verification Group):

 「TripleCheckテクノロジーにより強化され、市場で初めてPCIe 5.0に対応するVIPを提供することによって、我々は先行カスタマーのデザインの仕様準拠を確実なものとし、同時にIP検証クロージャーへの最速パスを実現します。最新プロトコルへの早期な対応は、PCIe仕様の進化に対する我々の姿勢を表しており、お客様はPCIe 5.0向けソリューションを即座にご使用いただけます。」

 TripleCheckテクノロジーを備えるケイデンスのVIPは、ケイデンスのシステム機能検証ソフトウェア製品群の一環として提供され、Xcelium(TM) Parallel Logic Simulation向けに最適化されており、かつ他社のシミュレーターにも対応しています。PCIe 5.0 VIPはケイデンスのSystem Design Enablement戦略に対応しており、システム企業および半導体企業は、他社を差別化できる完成度の高い最終製品をさらに効率よく作成することが可能になります。ケイデンスのシステム機能検証ソフトウェア製品群は、クラス最高レベルのコアエンジン、検証ファブリックおよびソリューションによって構成されており、設計の品質とスループットを向上し、多岐にわたるアプリケーションや関連分野における検証の要求を満たします。