ネクスウェイとドリーム・アーツ、チェーンストアの働き方改革を後押しする『店舗matic』

店舗スタッフを大事な接客・売場創りから遠ざける“エクセル業務”をなくす!

〜計算式表示が可能な「表形式入力機能」追加で、本部店舗間の各種発注や売上報告業務が効率的に〜

 

 ※ロゴは添付の関連資料を参照

 TISインテックグループの株式会社ネクスウェイ(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中宏昌、以下ネクスウェイ)と、株式会社ドリーム・アーツ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山本孝昭、以下ドリーム・アーツ)は、多店舗運営支援クラウドサービス『店舗matic(テンポマティック)』に四則演算といった計算式の結果表示が可能な「表形式入力機能」を追加し、本日2017年11月29日より提供開始したことを発表します。

 新たな機能を追加することで、店舗本部間の各種発注や売上報告などの情報処理業務の効率化を促進します。「表形式入力機能」の追加により情報処理業務などを効率化し、これまでに処理にかかっていた時間を、接客、売場創り、スタッフ教育などに充てることで、より魅力的な店舗創りの実現を支援します。

■「表形式入力機能」追加で“エクセル業務”を効率化し、接客・売場創りの時間を創出

 『店舗matic』は、チェーンストア企業から、以下の点を高く評価いただいています。

 □本部店舗間のコミュニケーションを改善することで、指示が確実に伝わり、より業務が徹底して行われる

 □店舗状況を把握しオペレーション改善につなげ、接客・売場創りの時間を創出し業績向上に寄与する

 ネクスウェイはチェーンストアの店長向けに、「店舗における重要な仕事とそれを阻害する要因」について実態調査を実施しています。

 調査では、95%の店長が「接客が重要」と回答する一方で、「接客の時間は足りていますか?」という質問には、「接客の時間が十分に足りている」と回答したのは6.9%で、ほとんどの店長が「接客の時間が足りていない」と回答しました。

 また、接客などの業務に費やす時間を阻害している要因については、本部からのメール・FAX・電話などの対応といった「情報関連」という回答が58.2%、日報/月報・売上などの「報告関連」という回答が52.9%に上りました。

 そこで『店舗matic』の最新版では、上記の実態調査の結果や、利用先の28,000店舗以上のお客様からの要望を受け、店舗本部間の各種発注業務や、売上報告などエクセルを使った情報処理業務を効率化する、四則演算といった計算式の結果表示が可能な「表形式入力機能」を追加しました。

 店舗運営には、店舗に指示を出す本部スタッフ、店頭で接客をする店舗スタッフ、店舗から店舗を巡回するエリアマネージャーなど、様々な立場の人が携わっており、それぞれの立場や働き方に応じたコミュニケーションが求められます。

 働き方改革の必要性が提唱される中、『店舗matic』では、本部店舗間、本部内で行き交う様々な業務連絡の整理や質の向上に取り組むことで、より緊密でスピーディーな連携を実現し、さらに魅力的な店舗運営を支援します。

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0464550_01.JPG

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0464550_02.pdf