最薄部6.5mm・重さ264gの薄型・軽量設計!

3台のデバイスを切り替えられる

Bluetooth(R)ミニキーボードを発売

 

 エレコム株式会社(本社:大阪市中央区、取締役社長:葉田順治)は、コンパクトで持ち運びに便利なコンパクトなBluetooth(R)ミニキーボード“TK-FBP102シリーズ”を12月上旬より新発売いたします。

 “TK-FBP102シリーズ”は、Bluetooth(R)を使用するワイヤレス方式のミニキーボードです。最薄部わずか6.5mmの超薄設計に加え、重さもわずか264gの軽量コンパクトなモデルです。持ち運びに大変便利で、場所選ばず、どこでも使用することができます。

 省電力を実現するBluetooth(R) 3.0 Class2規格に適合し、Bluetooth(R)を搭載したパソコンやタブレットであれば、レシーバーなしで接続することができます(※1)。

 パソコンやタブレット、スマートフォンなど最大3台のデバイスのペアリングが可能になっており、使用シーンに合わせてキーボード上の切り替えボタンを押すだけで、瞬時にデバイスを切り替えることができます。

 コンパクトな日本語79キー配列のキータイプには、多くのノートPCのキーボードとして使用されている「パンタグラフ方式」を採用しています。また、コンパクトながらタイピングしやすい19mmのキーピッチに加えて、「アイソレーション設計」により隣接するキーとのあいだにスペースがありますので、タイプミスを軽減できるうえ、長い爪も引っかかりにくく、快適なタイピングが可能です。

 Windows PC/Android用配列、Mac配列、iOS配列の各キー配列に切り替えることができますので、MacやiOSでも日本語配列で使用できます。

 キートップにはスタイリッシュで見やすいオリジナルフォントを採用しています。また、Android端末でキートップ上の印字通りキー入力できるエレコム独自のアプリ「ELECOM Keyboard layout」に対応しています(※2)。

 キーボードの上部には、メディア再生などに便利な機能を利用できる13種類のマルチファンクションキーを装備しています。

 専用ドライバなどのインストールは不要で、接続するだけですぐに使用できます。乾電池式なので、外出先で電池の残量がなくなっても、すぐに交換用の電池を入手することができるので安心です。不使用時に電池の消耗を防止する電源スイッチを搭載しています。キーボード上には、電源のオン、ペアリング状況などが分かるLEDランプを搭載しています。

 ※1:Bluetooth(R)に対応していないパソコンやタブレットでも、規格に適合したBluetooth(R)アダプタを用意することで使用可能です。(推奨Bluetooth(R)アダプタ:LBT-UAN05C2(別売))

 ※2:本アプリでは、かな入力はできません。ローマ字入力のみ対応しております。

 *製品画像は添付の関連資料を参照

 *リリース詳細は添付の関連資料を参照

 ※このリリースに掲載されている会社名・製品名等は、一般に各社の商標又は登録商標です。

 

◆お客様問い合わせ窓口

 エレコム総合インフォメーションセンター

 TEL:0570-084-465

 FAX:0570-050-012

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0464429_01.JPG

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0464429_02.pdf