『DataSpider Cloud』新バージョンリリース、

オンプレミス資産との連携機能や Excel対応機能などを強化

〜「Thunderbus オプション」と「Excel ウィザード」機能を新たに追加〜

 

 株式会社セゾン情報システムズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:内田 和弘、以下、セゾン情報システムズ)は、株式会社アプレッソ(本社:東京都港区、代表取締役社長:小野 和俊)が開発・販売する、本格的クラウド型データインテグレーションサービス(iPaaS)「DataSpider Cloud」の新バージョン「DataSpider Cloud 1.2」を2017年11月28日(火)より提供開始いたします。新バージョンでは、クラウド側からオンプレミス資産へのデータ連携を可能にする「Thunderbus オプション」を提供し、Excelファイルに対するデータ連携を効率的に開発できる「Excel ウィザード」機能などを強化しました。

◆「Thunderbus オプション」(オンプレミス資産への連携機能)

 クラウドに移行できない既存システムや、ローカルパーソナルコンピュータの中のExcelファイルなど、オンプレミス側にシステムやデータが残ることがあります。「Thunderbus オプション」は、外部に向けたHTTPS通信ができれば、ネットワークなどインフラ側の設定を変更することなく簡単な設定を行うだけで、クラウド側からオンプレミスへのデータやシステムへの連携を実現できる新サービスです。

 ※参考資料は添付の関連資料を参照

[活用例]

 ・クラウド上の「DataSpider Cloud」から、Thunderbus経由でオンプレミス側の既存システムのAPIを呼び出し可能に。既存システムのデータを参照した処理がクラウド上で実現。

 ・社内のローカルパーソナルコンピュータ内にあるExcelファイルを、クラウド側から自動的に読み取って集計レポートを生成可能に。現場のExcelによるオペレーションをそのままにクラウド化。

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

●商標関連

 ・「DataSpider」「Thunderbus」は株式会社アプレッソの商標です。

 ・その他の会社名、製品名、サービス名等は、各社の登録商標または商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0464425_01.JPG

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0464425_02.pdf