Dell EMC、Microsoft Azureをオンプレミス環境でも使える最新ソリューション

「Dell EMC Cloud for Microsoft Azure Stack」を発表

2017年11月28日、東京発

 

 デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:平手智行、以下デル、URL:http://www.dell.co.jp/)と、EMCジャパン株式会社(略称:EMCジャパン、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大塚 俊彦、URL:http://japan.emc.com/)は、本日、マイクロソフトが提供するパブリック クラウド サービス「Microsoft Azure(以下 Azure)」を拡張し、オンプレミスで使える最新ソリューション「Dell EMC Cloud for Microsoft Azure Stack」を発表しました。これにより、お客様は自社のデータセンターでAzureの各サービスを利用できるようになり、地理的制約などの課題から解放されつつ、Azureをベースとした先進的なクラウドアプリケーションの開発や展開が可能になります。

 今回発表したDell EMC Cloud for Microsoft Azure Stackは、最新のIntel(R) Xeon(R)スケーラブルプロセッサを搭載した第14世代「Dell EMC PowerEdge」サーバを基盤に採用しています。この最新サーバを一世代前のものと比較すると、パフォーマンスが大幅に向上し、Azureインスタンス(仮想マシン)の収容数が最大で2.5倍も向上します(図1参照)。Dell EMCは業界で最も早く最新テクノロジーのサーバを採用することで、同規模の他社ソリューションより優れた価格性能比を実現しました。

 ※図1は添付の関連資料を参照

 Dell EMC Cloud for Microsoft Azure Stackは、パフォーマンスだけではなく、卓越した統合性や管理性を併せて提供します。これにより、導入企業はハイブリッド運用環境のもとでAzureと一貫性のある効率的なアプリケーション開発が可能となります。また、Dell Technologiesが有する多彩な製品群との連携など、Dell EMC独自の付加価値により、お客様はさらなるメリットを享受できます。

 ・Dell EMCは、R&Dへの継続的な投資を行っています。これにより、最新のサーバアーキテクチャの能力がいち早く利用可能となります。

 ・「Dell EMC CloudLink SecureVM」との連携で、Azureインスタンス単位のデータ暗号化管理が可能となります。本機能は、AzureまたはDell EMC Cloud for Microsoft Azure Stackのどちらでも使えるため、ハイブリッド環境で柔軟かつシンプルなデータの保護が可能となります。

 ・「Dell EMC AvamarおよびData Domain」との連携で、業界最高水準の重複排除バックアップ/リカバリ機能が利用可能となります。これにより、Dell EMC Cloud for Microsoft Azure Stackで最適なサービスレベルの調整やアプリケーションの保護、コストの最適化が可能となります。

 ・「Dell EMC OpenManage」のコンポーネントのライフサイクル管理機能により、運用の複雑さを排除しリスクを大幅に軽減します。

 ・先進的なPaaS(Platform as a Service)サービスである「Pivotal Cloud Foundry(R)」を使用することによって、クラウドアプリケーションの開発と展開が効率化され、オンプレミス/オフプレミスを問わず柔軟に実行できます。

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

 (C)Copyright 2017 Dell Inc.、その関連会社。All Rights Reserved.

 Dell, EMC, 及び Dell, EMCが提供する製品及びサービスにかかる商標は、米国Dell Inc.又はその関連会社の商標又は登録商標です。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

図1

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0464410_01.JPG

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0464410_02.pdf