IoT向け 異常判別プログラム自動生成マシン「CX-M」の販売を開始

正常時と異常時の時系列データから自社基準の状態判別を実現

 

 東京エレクトロン デバイス株式会社(横浜市神奈川区、代表取締役社長:徳重 敦之 以下、TED)はIoT向けに時系列データから装置の異常判別プログラムを自動生成する専用マシン「CX-M」を開発し、2017年11月28日から販売を開始します。

 (https://connexon.tokyo/cxm/)

■開発の背景

 近年、製造業の現場ではIoTを活用した装置の異常検知や故障予測などの予防保全への関心が高まっています。

装置の状態を判別するプログラムを生成するためには、装置の振動や音、センサーなどからの時系列データを解析して判別モデルを作成する必要がありますが、現状はデータサイエンティストなど専門知識を持った限られた人材が作業を行っていて、技術やコストの面で課題があります。

 *参考画像は添付の関連資料「参考画像1」を参照

■CX-Mについて

 異常判別プログラムを自動で生成、任意の環境で利用できる

 CX-Mは、時系列データを入力すると「データクレンジング」「特徴の抽出」「機械学習による判別モデル作成」「判別精度検証」を独自ソフトウェアで行い、異常判別プログラムを自動で生成する専用マシンです。ユーザーはデータ解析技術の知識がなくても、正常時と異常時の時系列データを用意するだけで自社基準の異常判別プログラムが生成できます。

 生成した異常判別プログラムは出力することができて、クラウド上や自社のシステムに組み込むなど、任意の環境での利用が可能です。

 *参考画像は添付の関連資料「参考画像2」を参照

■ROIを考慮したIoTでの予防保全が実現できる

 CX-Mは内部でのデータ分析内容が確認できるので、入力データ量やデータクレンジングに依存する判別精度を数値化することができます。ユーザーは判別精度から予防保全効果を予測できるので、ROIを考慮したIoT導入を検討することができます。

■データフローアプリケーションへの展開も可能

 現場で動作させるアプリケーションを生成する当社の「ノンプログラミング開発クラウドConnexon」を併用すると、機械学習により異常判別プログラムの判別精度が向上した時にも簡単にアプリケーション化することができ、システム開発時間やコストの削減が可能です。

 (https://connexon.tokyo)

 (ご参考)ノンプログラミング開発クラウドConnexon

   http://www.teldevice.co.jp/pro_info/2017/press_170509.php

   http://www.teldevice.co.jp/pro_info/2017/press_171031.php

 *リリース詳細は添付の関連資料を参照

 ※このニュース リリースに記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

 

<製品に関するお客様からのお問合せ先>

 東京エレクトロン デバイス株式会社

 CNカンパニー アプリケーションサービス開発部

 Tel:03-5908-1981、Fax:03-3344-1812

 お問い合わせURL :https://survey.zohopublic.com/zs/mHB0z2

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像1

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0464408_01.JPG

参考画像2

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0464408_02.jpg

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0464408_03.pdf