富士ゼロックス、モノクロ高速プロダクションプリン

ターのラインナップを一新、印刷品質・生産性を向上

B9シリーズ:カラー機で培った技術を生かし性能を大きく向上、

プリントオンデマンド/基幹出力業務まで幅広く支援

 

 富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:栗原 博)は、モノクロ高速プロダクションプリンターのラインナップを一新し、オフィス市場ならびにグラフィックアーツ市場向けに「B9136 Light Publisher/B9125 Light Publisher/B9110 Light Publisher」(http://www.fujixerox.co.jp/product/publishing/b9136_lp/index.html)を、コンピュータープリンティングシステム市場向けに「B9136 Printer/B9125 Printer/B9110 Printer」(http://www.fujixerox.co.jp/product/publishing/b9136_p/index.html)を、2018年2月9日から国内で発売いたします。

 大量のデータを短時間で出力する必要がある基幹出力業務においては、安定的に稼働する生産性の高いプリンターが必要とされています。また、昨今、印刷業や一般企業においてカラー印刷が普及していますが、マニュアル、明細書、本、同人誌などモノクロ印刷に対するニーズは依然根強くあり、日々変わる消費者ニーズの多様性を背景に、短納期で必要な部数だけ印刷が可能なオンデマンドプリンターが求められています。

 新発売の「B9シリーズ」は、5年連続マーケットシェアNo.1(*1)の実績と信頼を背景に、生産性・信頼性・耐久性を従来機(*2)に比べさらに向上させました。オフィス市場、グラフィックアーツ市場から基幹業務出力まで、多種多様なモノクロ出力用途のニーズに応えます。

 ※製品画像は添付の関連資料を参照

■プロダクションプリンターに求められる高い生産性と安定性を実現

 B9シリーズは片面も両面も136ページ/分の高速連続プリントを実現。従来より低い温度での定着が可能なEA-Eco LGKトナー(http://www.fujixerox.co.jp/company/technical/production/digital/eco_lgk.html)と、安定した熱供給が可能なロール式定着器により、高速走行する用紙への確実な定着を実現しました。

 また、急カーブのない輸送経路により、用紙の安定した高速走行を可能にしています。両面プリント時などの用紙反転機構を縦型にすることで、搬送経路の曲がりが少なくなり、用紙詰まりを減らす設計にしました。

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

 ・Xerox、Xeroxロゴ、およびFuji Xeroxロゴは、米国ゼロックス社の登録商標または商標です。

 ・プレスリリースに掲載されているサービス、商品名等は各社の登録商標または商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0464394_01.JPG

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0464394_02.pdf