業界初のターンキーソリューションで、NB-IoT機器の生産性向上・コスト削減を実現

MT8870A用NB-IoTソフトウェアの販売を開始

 

 アンリツ株式会社(社長 橋本 裕一)は、ユニバーサルワイヤレステストセット MT8870Aに実装することで、NB-IoT[※1]機器のRF試験を可能とするNB-IoT測定ソフトウェアを開発。11月27日から販売いたします。

 今回開発したソフトウェアは、次の3種類です。

 ・NB-IoT Uplink 送信測定 MX887067A

 ・NB-IoT Downink 波形ファイル MV887067A

 ・フル自動測定プログラム

 これらをMT8870Aに実装することで、量産試験用測定器では業界初のターンキーシステム[※2]として使用でき、最大4台のNB-IoT機器、モジュールのRF送受信特性[※3]を自動かつ世界最高水準の速度で評価できます。また、測定を自動化するための制御プログラムの開発が不要となり、開発に要していた工数をゼロにできます。

 NB-IoTは、スマートメーターやスマートシティ、貨物等の追跡監視、農業など、さまざまな分野で活用されることが期待されていますが、NB-IoT機器の低価格化が普及の課題となっており、生産性向上、コスト削減に寄与する測定器のニーズが高まっていました。

 アンリツは、MT8870Aによりお客さまの課題解決を支援し、NB-IoTサービスの普及に貢献いたします。

[開発の背景]

 NB-IoTは、LTE-Advanced Pro[※4]に含まれるセルラーIoT規格です。北米、欧州、中国の通信事業者がすでにサービスを開始しているほか、日本でも2018年の導入が予定されています。

 サービスの円滑な普及のためにはNB-IoT機器の低価格化が必須であり、生産効率向上が重要な課題となっていました。

 NB-IoT機器の測定は、試験対象機器に搭載されている各種チップセットを制御するプログラムを使用することにより自動化できますが、これまではお客さまで開発する必要がありました。しかもチップセットの種別ごとに異なるプログラムが必要であるため、多大な工数が発生していました。

 アンリツは、従来から各種無線通信機器の量産用測定器としてユニバーサルワイヤレステストセットMT8870Aを提供しています。NB-IoTについても、チップセットベンダと協業しながら、測定技術の確立を行ってまいりました。この取り組みを基盤に、お客さまで制御プログラムを用意することなく、自動かつ世界最高水準の速度で、最大4台のNB-IoT機器、チップセットの評価を可能とするターンキーソリューションを開発しました。

 *リリース詳細は添付の関連資料を参照

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 

[お客様からのお問合せ先]

 アンリツ株式会社

 計測器営業本部 営業推進部

 TEL:046-296-1208/0120-133-099(フリーダイヤル)

 E-mail:SJPost@zy.anritsu.co.jp

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0464334_02.png

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0464334_01.pdf