プラントでの小型無線センサ・LoRaWAN(TM)を活用した実証試験について

〜産業用IoTによる適切な保守・プラント稼働率向上の実現に向けて〜

 

 横河電機株式会社とNTT西日本グループは、横河電機の産業用小型無線センサ「Sushi Sensor(R)(スシセンサ)」を、プラント設備に設置し、低消費電力で広範囲をカバーできるLoRaWAN(TM)(※1)ネットワークに接続する実証試験を共同で行うこととしましたのでお知らせします。

 今後、横河電機とNTT西日本グループは、産業用IoTを活用した、石油・石油化学・化学・LNGなどのプロセスプラントにおける新たな価値創りをめざします。

 ※1 LoRaWAN(TM):世界500社以上のIoT関連企業・ユーザーが参画するLoRa Allianceが策定、普及推進するIoT 向け通信規格のひとつです。LoRaWAN(TM)の名称は、Semtech Corporationの商標です。

1.背景

 あらゆるモノをインターネットなどのネットワークに接続するIoTは、企業のビジネスモデルや産業構造の在り方まで大きく変える可能性があります。プラントでも、産業用IoTの活用による、新たな価値の創造が期待されています。

 横河電機は、産業用IoTの実現に向けて、コンプレッサー、ポンプ、モーターといったプラントにある設備の状態を、オンラインで遠隔監視するために必要なセンサと、収集したデータの分析や機械学習処理などを行うクラウドサービスの開発に取り組んでいます。

 NTT西日本グループでは、2016年6月より「LPWA(※2)ネットワークを活用したフィールドトライアル」(※3)を開始し、様々な分野のパートナーとLPWAネットワークの活用シーン創出に取り組んでおります。

 このたび両社は、産業用IoTを活用したプラントにおける新たな価値創りをめざして、横河電機が有する無線センサ技術とNTT西日本グル—プが有するLPWA技術を生かし、本実証試験を実施することになりました。

 ※2 LPWA(Low Power Wide Area):IoT/M2Mに適した、省電力・長距離の通信を実現する省電力広域無線通信の呼称。

  LoRaWAN(TM)はLPWAの一種。

 ※3 NTT西日本のニュースリリース(2016年6月29日付)IoT向けLPWAネットワークのフィールドトライアルの実施について

  http://www.ntt-west.co.jp/news/1606/160629a.html

 *リリース詳細は添付の関連資料を参照

 ※本文中で使用されている会社名、団体名、商品名等は、各社又は各団体の登録商標または商標です。

 

 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0464300_01.pdf