NTTデータとサーバーワークスが協業によりAWS導入を加速

〜AWSプレミアコンサルティングパートナーの2社によりAWS試行導入から本格展開まで一貫して対応可能に〜

 

 株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:岩本 敏男、以下:NTTデータ)と株式会社サーバーワークス(本社:東京都新宿区、代表取締役:大石 良、以下:サーバーワークス)は、アマゾン ウェブ サービス(以下:AWS)を中心としたクラウド分野において2017年11月22日に協業を開始します。

 企業のAWS導入は一般的に、小規模または業務影響の少ない領域から試験的に実施し、安定運用が実証されてから全社展開を検討することが主流となっています。よって、試行導入フェーズではよりスピード感のある対応が求められ、かつ本格展開フェーズではより堅牢性の高いシステムが求められます。

 大規模なエンタープライズシステムの導入・運用実績があるNTTデータと、AWS導入にあたり豊富な実績を持つサーバーワークスが協業することにより、迅速な施行導入から本格展開まで一貫して対応可能となります。

 今後NTTデータは、サーバーワークスとの協業で、AWSを始めとする企業のクラウド導入支援を加速し、3年後に50億円の売り上げを目指します。

■背景

 これまでNTTデータは、AWS上において、多様な構成、高信頼・高セキュリティー性を必要とするエンタープライズシステムの構築・運用管理をお客さまに提供してきました。サーバーワークスは、590社、3600プロジェクト(2017年11月現在)のAWS導入実績を積み重ねてきました。これらの実績が評価され両社はAWSの認定資格であるAPNプレミアコンサルティングパートナー(注)に選ばれました。

 このたび協業することにより、NTTデータの長年の実績から得られたシステム開発ノウハウや多くのお客さまとの関係を生かすとともに、サーバーワークスのAWS導入実績ノウハウや機動力をもってお客さまのAWSへのクラウド化の支援を強力にサポートします。

■概要

1.人材交流

 両社におけるクラウド化導入支援実績に基づくノウハウの共有および人材交流を行うことで、大規模化、複雑化していくクラウドの構築体制を強化します。

2.マネージドサービスの提供

 エンタープライズシステムで重要となる性能監視や障害監視が含まれたManaged Service Provider(MSP)基盤とSIを組み合わせたマネージドサービスを提供していきます。これによりお客さまの運用負担を軽減し、24時間365日での監視、運用支援の強化が実現します。

 ※図は添付の関連資料を参照

■今後について

 今後NTTデータとサーバーワークスは、共同プロモーションや事例の公開、セミナーなどを開催することで、AWSを始めとする企業のクラウド導入支援を加速し、NTTデータは3年後に50億円の売り上げを目指します。

<注釈>

 注 APNプレミアコンサルティングパートナーについて

  APNの中でも、AWSを利用した業務に一定以上の業績を上げ、豊富な実績および多数の認定済み技術コンサルタントを有しているなど、世界的にトップレベルであると認定されたパートナーのことです。「APNコンピテンシープログラム」や「AWSマネージドサービスプログラム」の認定も含む広範なシステムの構築・運用の実績なども踏まえて、1年に1度、AWSのカンファレンス「AWS re:Invent」(本年度は2017年11月27日〜12月1日 米国ラスベガスで開催)にて認定パートナーが公表されます。

  現在のパートナー一覧:

   https://aws.amazon.com/jp/solutions/solution-providers-japan/premier-consulting/

 ・本文中の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

 ・アマゾン ウェブサービス、AWSは、米国その他の諸国における、Amazon.com,Inc.またはその関連会社の商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0464128_01.png