システム導入のための意思決定サイト

ブチ切れないリーダー

ブチ切れる体質を改善、役立つ5種類の記録

2017/12/01 長縄 史子=一般社団法人日本アンガーマネジメント協会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 怒る必要がないことには怒らない考え方に変える「体質改善」には、出来事を客観的に捉えられる記録(ログ)が役立つ。ここでは5種類の「ログ」を紹介しよう。ログを書いたり見直したりすると、自分が意外なこだわりに固執して怒っていることに気付くかもしれない。体質改善をしながら許容できる範囲を広げてみよう。許容できる範囲が広がることは、自分の器を大きくすることでもある。

1 アンガーログ

 怒りのマネジメントは、怒っている時の自分について知ることが第一歩となる。怒りの記録を書き出した「アンガーログ」を作成してみよう。日時、場所、何があったか、思ったこと、怒りの温度をつけてみる。自分の怒りの傾向を客観的に知ることができる。

アンガーログ
[画像のクリックで拡大表示]

2 べきログ

 怒りの正体である「べき」と向き合えると、怒りの感情とより上手に付き合えるようになる。自分が信じている「~すべき」「~すべきではない」を書き出した「べきログ」を作成してみよう。怒りの原因になる「べき」を知ると、自覚していなかった意外なこだわりも知れる。重要度を数値化して、低いものは手放してみよう。

べきログ
[画像のクリックで拡大表示]

3 変化ログ

 自分がこう変わりたいと思う姿と、そのために必要な現実的な取り組みを書き出す。これが「変化ログ」だ。自分はどうなりたいか、いつまでに何をすれば良いか。目標と行動計画を決める。変わりたいと思いつつも、なかなか行動に移せない人にオススメだ。

変化ログ
[画像のクリックで拡大表示]
1 2 次ページへ
次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。
会員の方は、 ログインしてご覧ください。
まだ会員でない方は、ぜひ登録(無料)してください。
出典:ITpro 2017年 9月 15日、日経SYSTEMS 2017年9月号pp.68-69
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

注目コンテンツ