システム導入のための意思決定サイト

特別対談

セールスフォース・ドットコム vs シンフォニーマーケティング

2017/10/05 松本 敏明=ITproマーケティング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セールスフォース・ドットコムは2017年9月26日、B2B企業向けマーケティングオートメーション(MA)製品「Salesforce Pardot」の日本語版提供を発表した。ベータ版の提供をこの日に始め、正式版は同社の2017年第4四半期(2017年11月~2018年1月)に公開する。そのPardotの取り扱いを、マーケティングオートメーションの導入から運用までを手掛けるシンフォニーマーケティングが10月1日に始めた。

 この発表を受け、セールスフォースのマーケティング本部 プロダクトマーケティング ディレクターの田崎純一郎氏と同マネージャーの秋津望歩氏、そして日本国内のBtoBマーケティング分野の第一人者であるシンフォニーの代表取締役 庭山一郎氏の対談を企画した。

左からシンフォニーの庭山氏、セールスフォースの田崎氏、秋津氏
(撮影:新関 雅士)
[画像のクリックで拡大表示]

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      注目コンテンツ