富士通と米ヴイエムウェアは2017年8月29日、デジタルトランスフォーメーションの支援に向け、クラウド分野の協業をグローバルで拡大すると発表した。富士通は2017年度第4四半期(2018年1~3月)から、同社クラウドサービス「FUJITSU Cloud Service K5」(以下、K5)上で、VMwareのクラウド基盤ソフト「VMware Cloud Foundation」の提供を始める。

   VMware Cloud Foundationは、仮想サーバー「VMware vSphere」、仮想ストレージ「VMware vSAN」、仮想ネットワーク「VMware NSX」で仮想化環境を構築。「VMware SDDC Manager」でそれらを管理する。

VMware Cloud Foundationの概要
[画像のクリックで拡大表示]

 K5は、OpenStackベースのIaaS(インフラストラクチャ-・アズ・ア・サービス)やCloud FoundryベースのPaaS(プラットフォーム・アズ・ア・サービス)などを提供している。今回、それらに並ぶ形でVMware Cloud Foundationのサービスを加える。オンプレミス環境でVMware製品をベースにシステム構築しているユーザーは、K5とハイブリッドクラウドが組みやすくなる。