アイ・ティ・アール(ITR)は2017年6月13日、マーケティング関連の製品と施策についてのユーザー動向を調査した。

 統合型マーケティング支援製品/サービスを選定した際に最も重視するポイントとしては、「運用コスト」が20.7%でトップにあがり、次いで「機能の豊富さ」となった。コストに加え、機能が重視されていることが分かった。

統合型マーケティング支援製品/サービス選定時の重視ポイント(単一回答)
(出所:アイ・ティ・アール)
[画像のクリックで拡大表示]

 現在利用しているメール送信製品/サービスの機能別の活用状況では、「HTMLメール」を「現在利用している」ユーザーが4割強を占め、最も活用が進んでいる結果となった。

メール送信製品/サービスの機能別の活用状況(単一回答)
(出所:アイ・ティ・アール)
[画像のクリックで拡大表示]

 マーケティング関連製品の導入に積極的な国内企業とEC(電子商取引)サイトを運営している国内企業を対象に、マーケティング関連製品の導入に関与する人に対して調査を行った。

<プレスリリースへ>