ニールセンデジタルは2017年9月26日、スマートフォン視聴率情報「Nielsen Mobile NetView」のデータをもとに、最新の各SNSサービスの利用状況を発表した。スマートフォン全体での利用者数は、2017年8月時点で6414万人となり、前年同月と比較して13%の増加となった。個別のSNSサービスのアプリ利用者数では、Twitterが2656万人(前年同月比19%増)、Facebookが2252万人(同7%増)、Instagramが1706万人(同43%増)となった。

各SNSサービスアプリの利用者数と増加率
(出所:ニールセンデジタル)
[画像のクリックで拡大表示]

 各サービスの利用者属性を見ると、男女構成ではTwitter、Facebookはともに半々となり、Instagramは女性が58%と男性より多くなった。年代別の利用率では、Twitterは29歳以下の68%が利用している状況となり、他年代と比較して突出していた。Facebookは、どの年代へも35%前後と平均的にリーチし、Instagramは29歳以下の若年層へのリーチが高く41%となっていた。

 利用者数の増加が最も大きかったInstagramに注目して長期のリーチトレンドを見ると、2015年後半に15%程度だったリーチは、2016年4月に20%を超え、その後しばらく横ばいを続けていたが、2017年に入って再度増加に転じ、8月時点で27%となった。性年代別で増加率が最も高かったのは、女性50代以上の114%増、次いで男性40代の64%増、男性29歳以下の55%増となった。

<プレスリリースへ>