IDC Japanは2017年11月15日、国内コグニティブ/AI(人工知能)システム市場を調査し、2016年の同市場の分析と2017年~2021年の市場予測を発表した。2016年の国内コグニティブ/AIシステム市場規模は、ユーザー支出額ベースで158億8400万円。2016年~2021年の年間平均成長率(CAGR)は73.6%で成長し、2021年には2501億900万円規模になる。

国内エンタープライズインフラストラクチャ市場 支出額予測、2016年~2021年
(出所:IDC Japan)
[画像のクリックで拡大表示]

 IDC Japanは、コグニティブ/AIシステム市場を、自然言語処理と言語解析を使用して質問に応答し、機械学習をベースとしたリコメンデーションとディレクションを提供する技術であると定義する。同市場を、ハードウエア/ソフトウエア/サービスのテクノロジーによる分類と、ビジネスでの利用方法(ユースケース)に即した分類方法で分析している。

 2016年は、企業によるAI利用気運の高まりが見られたが、効果の実証実験(PoC)が多く、実際のビジネスへの適用は少数に留まった。ユースケースでは、専門職の分析/検索をサポートする「ナレッジワーカー向けデジタルアシスタンス」や、製造業での「品質管理」などの利用方法が多かった。

 2017年3月には、従業員100人以上の国内ユーザー企業500社を対象に「コグニティブ/AIシステムに対する意識調査」を行った。全体の57.4%が「AIが自社ビジネスへ何らかの影響を及ぼす」と感じており、特に従業員100人~249人の中小企業で関心が高い。一方、既にAIシステムを全社/複数部門で利用しているユーザー企業は全体の9.6%に留まり、普及には至っていない。

 2017年の同市場は、2016年までのPoCから実ビジネスへの適用が多くなり、市場は急速に成長する。2018年以降は、金融などでの詐欺検出/分析、全業種での自動顧客サービスなどへのAI適用が進み、2016年~2021年の年間平均成長率(CAGR)は73.6%で成長し、2021年には2501億900万円規模になる。

 今回の発表は、IDC Japanが発行したレポート『国内コグニティブ/AIシステム市場予測アップデート、2016年~2021年』(JPJ43160617)と『2017年 国内コグニティブ/AIシステム市場 企業ユーザー調査』(JPJ42471817)で詳細を報告している。前者は、国内コグニティブ/AIシステム市場のテクノロジーセグメント別/ユースケース別市場規模実績と予測などを提供。後者は、国内企業におけるコグニティブ/AIシステム、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)およびボットについての利用状況や将来計画などを、2017年3月に実施したユーザー調査の結果を基に分析している。

<プレスリリースへ>