2018年4月中に一般公開が始まる、Windows 10のバージョン1803(開発コード名:Redstone 4、以下RS4)。ソフトウエア更新や周辺機器管理の効率化といった内部的な改良も少なくない。

 Windows 10 1803版を使い始めてすぐに分かる機能としては、ユーザーの作業履歴をたどれる「Windows Timeline」、スタートメニューのスリム化などがある。

 これらの機能を支えるのが、ソフトウエアの更新手段や入力システム、「レジストリ」や周辺機器管理といった内部的な改良だ。ここでは以下の5つの変更点を解説していく。

  • (1)ストア経由で言語パックやフォントを更新
  • (2)りんなや絵文字を組み込んだ入力システム
  • (3)レジストリ管理プログラムをカーネルから除外
  • (4)Bluetoothは高速ペアリング、カメラはプライバシーを保護
  • (5)その他、企業向けの変更点

(1)ストア経由で言語パックやフォントを更新

 RS4の内部的な変更点で大きな要素と言えるのが、Windowsの国際化(複数言語などへの対応)機能だ。

 まず、Windowsを特定の言語向けに変更するための「言語パック」をMicrosoftストアから入手できるようになった。従来のWindows 10 1709版(RS3)までは、言語パックはコントロールパネルなどからの設定変更で自動的にダウンロードされていた。

RS4では「言語パック」(ローカルエクスペリエンスパック)をMicrosoftストアからインストールできるようになる
[画像のクリックで拡大表示]

 言語パックは、RS4からは「Local Experience Pack」と呼ばれるようになった。この中には、標準搭載アプリケーションの表示メッセージやアプリケーション名、キーボード、音声合成用データ、手書き文字認識関連のモジュールなどが含まれる。

 これらを導入することで、Windowsは該当言語の表示や入力が可能になる。複数の言語パックを導入してある環境では、標準搭載アプリやWindowsのメッセージが第1言語に指定した言語のものに切り替わる。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。