米マイクロソフト(Microsoft)純正のLinux環境「Windows Subsystem for Linux(WSL)」。Windows 10 1803版(Redstone 4、以下RS4)では、Windows版Linuxと言えるこの機能がいよいよ完成形に近づく。従来はWSL実行中のウィンドウを閉じるとLinux環境ごと消える作りだったが、RS4では常駐が可能になる。

 従来のWindows 10 1709版(Redstone 3、以下RS3)までのWSLでは、WSLを起動したコマンドウィンドウ(bash.exeなど)の終了はWSL環境全体の終了と同義だった。ウィンドウを表示させずにバックグラウンドで動作するような、サーバー系のプログラム(デーモン)の実行には向かない。RS4では、プロセスなどを継続して実行できるようになった*1

*1 ただしWSLでは、Linuxのrcスクリプト(システム起動時に実行される初期設定プロセス。デーモンなどはここで起動する)などをサポートしていないため、一般的なLinuxディストリビューションのようにシステム起動時に自動でデーモンを起動させる使い方はできない。

 使い勝手を大きく変えそうなバックグラウンド動作に代表される、RS4の主な変更点は以下になる。

  • (1)バックグラウンドプロセスが常駐可能に
  • (2)ファイルシステムとネットワーク設定の事前指定
  • (3)Windowsドライブのパーミッション設定が可能に
  • (4)WindowsプログラムとLinuxプログラムの連携強化
  • (5)Windows-Linux環境間でのプロセス間通信

 以上の機能強化を実現するRS4の登場と前後して、新たにDebian GNU/LinuxやKali LinuxといったLinuxディストリビューションがWindowsストアから入手可能になった。開発者が実務に使える環境が着実に整ってきた。

Microsoftストアで入手できるLinuxディストリビューションも増えてきた
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。