職場の中核として活躍する40代の技術者だが、将来に漠然とした不安を抱く人は多い。今こそ技術者としての生き残り策を考えるときだ。