システム導入のための意思決定サイト

ミニプロジェクトこそ管理せよ!

時間短縮術を探る(7)ガントチャートを作って一日が終わった!とならないために

2018/03/01 小笠原 種高=フリーライター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この道20年選手になろうとしているプロマネの宇佐木さん。若い頃のテキトー癖が抜けず、プロジェクトは炎上してばかり。プロジェクト「マネージャー」とは名ばかりで、一体何を管理しているのやら分からないありさまです。

SE虎岡 鹿野君、プログラマの荒川さんに、この間受注したカレンダー機能の改修を頼もうと思うんだけど、今月の荒川さんの予定はどうかな?無理そうなら、田沼さんか、埴原君に振るけど。元のカレンダー開発したのは荒川さんだから、できれば頼みたいんだ。

鹿野(PM補佐) 荒川さんの予定ですか?

SE虎岡 ほら、年末って色々あるでしょ。商店街サイトのメンテとか、植物園サイトのバックアップとかさ。ログの書き出しもあったよね。あれってどこだっけ?

鹿野(PM補佐) ログの書き出しは博物館ですね。

SE虎岡 その辺のスケジュールは、どうなってるのかな。

鹿野(PM補佐) うーん。僕じゃわからないですね。

SE虎岡 あれ?その辺のメンテ関係って、鹿野君が担当じゃなかった?

鹿野(PM補佐) 僕が担当です。が、基本的に荒川さんに丸投げなので、よく分からないんですよ。

SE虎岡 丸投げって、打ち合わせはどうしてる?

鹿野(PM補佐) 宇佐木さんから引き継いだ時に、一度挨拶には行ったんですが、その後の打ち合わせは荒川さんだけで行ってもらっています。僕は電話の取り次ぎとか、社内処理担当ですかね。

SE虎岡 え?いくら気心が知れていると言ったって、荒川さんは社員じゃないんだよ。それはマズイよ!

鹿野(PM補佐) ですよねー。

SE虎岡 ですよねって、なぜそうなっているのかな。

鹿野(PM補佐) 宇佐木さんが、ずっとこれでやってきたからお互いにやりやすい、ということだったので。

SE虎岡 それはいくらなんでもダメだよ。ウサさんには俺から話すから、とりあえず鹿野君は荒川さんの予定を確認して。あと、ついでにカレンダーの改修も可能かどうか聞いてみて。メールじゃ間に合わないから、電話をかけてね。

鹿野(PM補佐) 分かりました(荒川と電話で話す)。

鹿野(PM補佐) 荒川さんと話しました。カレンダーの件は「分かった!」だそうです。

SE虎岡 年度末のスケジュールは?

鹿野(PM補佐) 「そうですねぇ。大丈夫だと思います」だそうです。

SE虎岡 それだけ?具体的な日程は?

鹿野(PM補佐) これだけです。具体的なことは分かりませんでした。

SE虎岡 …………。

図17-1 プログラマから何かを聞き出すのは大変!……か?
[画像のクリックで拡大表示]

 いつも宇佐木さんの暴挙の陰で目立たないですが、実は、鹿野君も相当な強者です。

 入社当初は、もっと気の回るタイプだったのですが、いい加減な宇佐木さんの下で働くうちに、細やかさは消え、インシデントにも無関心になりつつあります。そのため、「外注に打ち合わせも含めて丸投げし、zoozoo社は内容を把握していない」事態になっているにもかかわらず、どこか他人事です。自分が責任者であるという意識もありません。

プログラマは時間を見積もりたくない

1 2 3 4 5 次ページへ END
次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。
会員の方は、 ログインしてご覧ください。
まだ会員でない方は、ぜひ登録(無料)してください。

注目コンテンツ