ビズオーシャンの「SPALO(スパロ)」は、スマートフォンで利用できるチャットサービス「LINE」の上に構築したボット(自動応答システム)に対して、音声で答えることによって、Excelファイルにデータを入力できるサービスである。

SPALO(スパロ)の利用イメージ
(出所:ビズオーシャン)
[画像のクリックで拡大表示]

 SPALOの要素技術は、以下の通り。チャットをインタフェースとした自動応答機能を提供するサービスとして、「LINE BOT」を使う。音声データを品詞に分解して帳票の項目を選択する仕組みとしては、IBM Watson日本語版のAPI「Conversation Service」を活用する。

 スマートフォンと音声だけでデータ入力が可能になるため、パソコンを使える環境にない移動中の営業担当者や、屋外の建築現場での書類作成などのシチュエーションで利用できる。事務所に戻ることなく、パソコンを立ち上げることなく、書類の作成ができるので、労働生産性が向上する。

SPALO(スパロ)の概要
用途と機能LINEボットの質問に音声で答えるだけでExcelにデータ入力できるサービス
要素技術■LINE BOT(チャットをインタフェースとした自動応答機能を提供するサービス)
■IBM Watson日本語版のAPI「Conversation Service」(音声データを品詞に分解して帳票の項目を選択する)
主な利用シーンパソコンを使える環境にない移動中の営業担当者や、屋外の建築現場での書類作成など
価格(税別)■初期費用は30万円から
■帳票あたりの運用費用は、B2C向けが月額2万5000円。従業員向けは1人あたり月額590円で、最小契約数は10人(月額5900円)
■Excelファイルの保存回数に応じて必要なファイル保存料は、B2C向けが1000回まで無料で、以後500回ごとに1万2500円。従業員向けは25回まで無料で、以後25回ごとに300円
発表日2017年10月3日
提供開始日2017年10月3日