デルとEMCジャパンの「Dell EMC Ready Solutions for Splunk」は、IoTデータを分析して知見を引き出すことを目的とした、ログ分析システム製品である。ログ分析ソフト「Splunk」のライセンスに、PCサーバーとストレージを組み合わせて提供する。

Dell EMC Ready Solutions for Splunkの製品構成
(出所:デルとEMCジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 ハードウエア構成を自由にカスタマイズできる「Dell EMC Ready Bundle for Splunk」と、ターンキー型の「Ready Systems for Splunk」の2種類の製品を用意した。

 カスタマイズができるDell EMC Ready Bundle for Splunkは、PCサーバー機「Dell EMC PowerEdge」をベースとする。要件に合わせて、シングルノード構成から複数ノード構成まで柔軟に構成を変えられる。ストレージは、サーバー内蔵ストレージに加えて、外部接続のNASストレージ「Dell EMC Isilon」を選択できる。

 ターンキー型のReady Systems for Splunkは、ハードウエアとしてHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)を利用する。HCIは、サーバー機の内蔵ストレージを束ねて外部ストレージとして使えるようにする分散ストレージソフトを採用した、スケールアウト型のインフラ基盤である。

 採用するHCIの種類に応じて、「Dell EMC VxRail」(分散ストレージソフトは「VMware vSAN」)を使うモデルと、「Dell EMC VxRack FLEX 1000」(分散ストレージソフトは「Dell EMC ScaleIO」)を使うモデルを用意している。

Dell EMC Ready Solutions for Splunkの概要
用途と機能IoTデータを分析して知見を引き出すことを目的とした、ログ分析システム製品。ログ分析ソフトに、PCサーバーとストレージを組み合わせて提供する
ログ分析ソフトSplunk
ハードウエア構成■Dell EMC Ready Bundle for Splunk
(ハードウエア構成を自由にカスタマイズ可能)
■Ready Systems for Splunk
(ターンキー型)
ハードウエア■PCサーバー機「Dell EMC PowerEdge」■HCI「Dell EMC VxRail」
(分散ストレージソフトは「VMware vSAN」)
■HCI「Dell EMC VxRack FLEX 1000」
(分散ストレージソフトは「Dell EMC ScaleIO」)
価格(税別)320万円から■VxRail採用モデルは、240万円から
■VxRack FLEX採用モデルは、個別見積もり
発表日2018年5月14日
出荷日2018年5月下旬