さくらインターネットの「Arukas」(アルカス)は、Dockerコンテナを利用したサーバー資源のホスティングサービスである。公式リポジトリ「Docker Hub」で共有している各種コンテナイメージを使って、所望のサーバーを作成/起動できる。サーバー設定の手間を省けるので、アプリケーションの開発に専念できるという。

コントロールパネルのイメージ
(出所:さくらインターネット)
[画像のクリックで拡大表示]

 最大の特徴は、サーバー資源をホスティングする手段として、Dockerを利用したこと。Dockerはコンテナ型の仮想化ソフトであり、開発環境の整えやすさや使い勝手のよさなどが特徴という。仮想マシン型の仮想化技術に比べてオーバーヘッドが少なく、サーバー資源をより効率的に利用できるという。

 コントロールパネルの操作性を工夫して、複数台のコンテナインスタンスを容易に管理できるとしている。サービス規模の拡張に合わせて、即座にリソースを増減できる。

 Arukasは、2018年3月に正式版のサービスを開始する以前、無料で利用できるオープンβテストを実施していた。正式版のサービス開始時点で約1万人のユーザーがオープンβテストを利用していた。

Arukasの概要
用途と機能Dockerコンテナを利用したサーバー資源のホスティングサービス。公式リポジトリ「Docker Hub」で共有している各種のコンテナイメージを使って、所望のサーバーを作成/起動できる
特徴■サーバー資源をホスティングする手段として、Dockerを利用したこと。コンテナ型の仮想化ソフトであり、開発環境の整えやすさや使い勝手のよさなどをうたう
■コントロールパネルの操作性を工夫して、複数台のコンテナインスタンスを容易に管理できるようにした。サービス規模の拡張に合わせて即座にリソースを増減できる
料金プラン
(コンテナインスタンス1台あたりの税別価格)
プラン名FreeHobbyStandard×1Standard×2
月額基本料金なし50円50円50円
利用料金/1時間0円約0.74円(約540円/月)約1.48円(約1080円/月)約2.96円(約2160円/月)
vCPU0.1vCPU0.1vCPU0.5vCPU0.5vCPU
メモリー128MB512MB512MB1024MB
発表日2018年3月26日
提供開始日2018年3月26日