レノボ・エンタープライズ・ソリューションズの「Lenovo ThinkAgile VX」は、分散ストレージソフトに「VMware vSAN」を採用したHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)アプライアンス製品である。VMware vSANはサーバー仮想化ソフトのVMware ESXiに組み込まれた機能であり、サーバー仮想化にはVMware ESXiを利用する。

Lenovo ThinkAgile VXの外観(上から、VX3320、VX5520、VX7250)
[画像のクリックで拡大表示]

 ハードウエアの選択肢は3つある。それぞれ、ストレージ容量やI/O能力が異なる。(1)「VX3320」は、基本モデルである。1Uラックマウント大に2.5型ドライブ×10基を搭載する。(2)「VX5520」は、ストレージ大容量モデルである。2Uラックマウント大に3.5型ドライブ×14基を搭載する。(3)「VX7250」は、I/O性能が高いモデルである。2Uラックマウント大に2.5型ドライブ×24基を搭載する。

 同社のシステム管理ソフト「XClarity」と、VMware仮想環境の管理ソフト「VMware vCenter」を連携させるためのモジュール「ThinkAgile XClarity Integrator for vCenter」も用意した。これを使うことで、ハードウエア障害の予兆をvCenterに伝えて仮想サーバーを別のノードに退避させる、といった運用ができる。

 Lenovo ThinkAgile VXとは別に、分散ストレージソフトにNutanixのソフトを採用した「Lenovo ThinkAgile HX」もラインアップしている。Lenovo ThinkAgile HXでは、Nutanixの分散ストレージソフトと組み合わせるサーバー仮想化ソフトの選択肢が3つある。KVMをベースとしたNutanix製のAHV(Acropolis Hypervisor)のほか、VMware ESXiやHyper-Vを選択できる。

Lenovo ThinkAgile VXの概要
用途と機能サーバー仮想化ソフトと分散ストレージソフトを組み合わせたHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)アプライアンス
形状ラックマウント型のPCサーバー機。サーバー台数を増やすスケールアウト構成により、サーバー内蔵ストレージを束ねて外部共有ストレージとして利用できる
ソフトウエア構成サーバー仮想化にはVMware ESXiを利用する。分散ストレージソフトにはVMware ESXiのカーネルに組み込まれたVMware vSANを利用する
ハードウエアストレージ容量やI/O能力が異なる3つのモデルを用意した。
モデル構成VX3320VX5520VX7250
モデル概要基本モデル大容量モデル高I/O性能モデル
サイズ1Uラックマウント2Uラックマウント2Uラックマウント
内蔵ストレージ2.5型ドライブ×10基3.5型ドライブ×14基2.5型ドライブ×24基
別製品分散ストレージソフトにNutanixのソフトを採用した「Lenovo ThinkAgile HX」もラインアップしている。サーバー仮想化ソフトの選択肢は、KVMベースのAHV、VMware ESXi、Hyper-Vの3つ
価格(税別)サーバー3台の最小構成で780万円から
発表日2017年12月13日
提供開始日2017年12月13日