レジェンダ・コーポレーションの「1st JUDGE(ファーストジャッジ)」は、人材採用における初期選考(応募者の属性情報や適性検査による選考)を、機械学習を活用して自動化するBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)サービスである。企業からデータを預かり、合否予測データを納品する。

1st JUDGEの概要
(出所:レジェンダ・コーポレーション、セカンドサイト)
[画像のクリックで拡大表示]

 過去の応募データおよび合否結果を学習させることにより、応募データから合否を判定する予測モデルを生成する。応募データを入力するだけで、合否を自動判定できるので、初期選考にかかる手間が省ける。AI分析ソフトには、セカンドサイトの「SkyFox」を使う。

 中途採用、新卒採用を問わず利用できる。応募数が多く、初期選考の負担が大きい企業が対象。目安として、年間100人規模の採用に対して1000人以上の応募があるといった状況を想定している。また、機械学習に使う過去の応募者データを保管している必要がある。

 機械学習用に使う過去の応募者データは、エントリーシートではなく、さまざまな応募者データに含まれる応募者の属性データである。学習用データを読み込ませるためのデータ加工サービスなども請け負う。企業によって応募データの内容は異なるので、それぞれの企業に合わせて判定モデルを作成する。

 ユーザーの1社である従業員3000人の広告会社では、年間700人の採用に対し、月間応募数は2500件に達する。従来は担当者2人で対応していたが、1st JUDGEによって自動化し、1カ月あたり約350件(約700時間)の工数を削減した。さらに、配属先にマッチするかどうかも予測できるようになった。

1st JUDGE(ファーストジャッジ)の概要
用途と機能人材採用における初期選考(応募者の属性情報や適性検査による選考)を機械学習を使って自動化するBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)サービス
利用方法応募者データを提出すると、合否予測データが得られる。中途採用と新卒採用を問わずに利用できる
機械学習の用途過去の応募データと合否結果を学習させることによって、応募データから合否を判定する予測モデルを生成する。応募データを入力するだけで機械的に合否を判定できる
想定する企業応募数が多くて初期選考に工数がかかっている企業が対象。目安として、年間100人規模の採用に対して1000人以上の応募があるといった状況を想定。機械学習に必要な過去の応募者データを保有していることも必要
価格(税別)■初期導入費用
導入コンサルティングは、100万円から
予測モデルの新規設計費用は、1モデルあたり10万円から
■運用費用
中途採用向けは、1カ月あたり500件までで月額30万円から
新卒採用向けは、開始から2カ月以内に終了する前提で、応募者データ1000件までが60万円から
発表日2017年12月8日
提供開始日2017年12月8日