トヨタ自動車とチームラボが共同開発したスマートフォン/タブレット向けの知育ゲーム「Mobilmo(モビルモ)」。車輪やエンジンといったパーツを組み合わせて乗り物を作り、架空の惑星を探検するシミュレーションゲームだ。牧歌的な見た目とは裏腹に、あえて不親切さを残している。その真意を探った。

トヨタ自動車とチームラボが共同開発した知育ゲーム「Mobilmo(モビルモ)」
[画像のクリックで拡大表示]

 モビルモは、iOSとAndroidのスマートフォン/タブレット向けのアプリケーションだ。トヨタが2017年7月から順次、配信を始めた。

 基本的なパーツとして、車体に使う球や立方体、回転する車輪やロケットエンジンのような推力装置などがある。それらのパーツを組み合わせると、自動車の枠を超えた乗り物を簡単に作れる。ゲーム中に登場する乗り物は、自動車だったり、尺取り虫のような動きをしたりと、作り手によって千差万別だ。

 モビルモの開発プロジェクトを統括したトヨタ自動車の松田進マーケティング部長は「移動すること、モビリティーに対する自由なアイデアを、子供たちから得たかった」と企画意図を語る。

 モビルモの開発は、車を題材にしたイラストのコンテスト「トヨタ 夢のクルマアートコンテスト」の10周年企画が発端だ。「表現手法の多様化が進むなか、一方通行の紙ベースでは子供たちのインスピレーションを得る機会を失いかねない」(同氏)という危機感を背景に、2015年11月にスタートした。

トヨタ自動車の松田進マーケティング部長
[画像のクリックで拡大表示]

 夢のクルマアートコンテストは2004年から開催。11回目の2016年の応募実績は約83万点で、累計では460万点の作品を集める世界規模のコンテストだ。合作は禁止で、400×550mm以下の紙に15歳以下の子供たちが手書きで夢のクルマを描く。

トヨタ 夢のクルマアートコンテストの公式サイト
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら